データサイエンス学部が以下のメディアに掲載されました。

掲載日・メディア

2021年7月19日、8月3日(化学工業日報)

内容

「2017年創設、今春1期生が卒業 滋賀大学データサイエンス学部 竹村彰通学部長に聞く 化学関連含む百数十社と連携 共同研究は常に30~40テーマ」(化学工業日報7月19日)
「滋賀大学 データサイエンス分野で連携 豊富な知見で重要性周知」(化学工業日報8月3日)

2021年3月に初の卒業生を輩出したデータサイエンス学部が紹介されています。
記事では、卒業生が情報産業だけではなく多様な企業に就職していることを挙げ、企業からは定期的な採用を望む声が聞かれている状況を、竹村彰通データサイエンス学部長のコメントを基に深掘りされており、竹村学部長はデータサイエンスに対する化学関連企業の高い期待の感触や、データサイエンティストをいかに育成するか、さらには研究開発やその応用による社会貢献の展望についても語っています。
また、本学が日本におけるデータサイエンスの先駆者として持つ知見を、企業との連携をより深めることで社会の更なる発展に寄与していき、同時にデータサイエンスの重要性について社会に広めていきたいと語っています。


【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »