全学教育のための基盤的「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム」が、先導的で独自の工夫・特色を有するとして政府から同教育プログラム「リテラシ-レベル+(プラス)」として認定されました!


リテラシーレベル+(プラス)認定 (※令和8年3月31日まで)

 

 政府の「AI戦略2019」ではAI時代に対応した⼈材育成が戦略的目標とされています。デジタル社会における数理・データサイエンス・AIの基礎などの必要な⼒を身に着け、あらゆる分野で人々が活躍できるようになるためです。このため全国の高等教育における「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の認定制度が設けられました。

 全国に先駆けて本格的なデータサイエンス教育に取り組んで高い評価を得ている本学は、全学基礎教育においても、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、それを適切に理解し活用する基礎的な能力を育成するため、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行う大学等の正規の課程(教育プログラム)として、今般、文部科学大臣より認定を受けました。

 認定された「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム」は、所属する学部に関わらず、すべての学生が身に着けるべき基礎的な能力を養うことを目的に、令和2年度から全学部学生を対象として実施しています。「数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアム」が作成したモデルカリキュラムに対応した教育内容を提供し、学生が数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、学ぶことや活用することの楽しさを実感できることも重視しています。

 また今回認定された多くの大学等のリテラシーレベルの教育プログラムの中でも、特に本学の教育プログラムは、先導的で独自の工夫・特色を有するものとして、認定制度「リテラシーレベル+(プラス)」として特別に選定されています。

滋賀大学の特色ある取り組み

・多数の民間企業等と連携し、実データを用いた分析や演習等を実施、MOOC教材の全国無料配信
・令和4年度以降入学の学生全員が当該プログラムを履修

関連ページ

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」認定・選定結果についてはこちらをご覧ください。
「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム」詳細についてはこちらをご覧ください。

【このページに関するお問い合わせ先】
学務課教育改革室

Translate »