文部科学省では、成長産業化に向けた革新を図る産業界と専門高校が一体・同期化し、第4次産業革命・地域の持続的な成長を牽引するための、絶えず革新し続ける最先端の職業人育成システムの構築を目的とした「マイスター・ハイスクール事業」を令和3年度より開始しています。

 このたび、滋賀県立彦根工業高等学校が、近畿地方では唯一の指定校として本事業に採択され、本学も連携機関として参画することとなりました。

 本学はこれまでも、スーパーサイエンスハイスクール事業への参画を通じたデータサイエンス分野の人材育成を進めてきた実績があり、今回の「マイスター・ハイスクール事業」においても、ビッグデータ分析などICT・デジタル教育で同校との連携を図りながら、Society5.0時代における、DX等新しい技術革新にも対応できる“人財”の育成に貢献します。

7月29日に開催された運営委員会の様子

関係者一同(位田学長は後列右から2番目)

【このページに関するお問い合わせ先】
 産学公連携推進課

Translate »