3月26日、滋賀大学卒業証書・学位記、大学院研究科学位記、特別支援教育専攻科修了証書授与式を挙行しました。今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、3会場(教育学部・大学院教育学研究科・特別支援教育専攻科はびわ湖ホール、経済学部・大学院経済学研究科はひこね市文化プラザ、データサイエンス学部・大学院データサイエンス研究科は本学講堂)に分かれて挙行され、式典への参加は卒業生及び修了生のみとしましたが、保護者の方等へはライブ配信を行いました。

 今年度は、全国初のデータサイエンス学部卒業生94名、大学院データサイエンス研究科(博士前期課程)23名のほか、教育学部239名、経済学部501名、大学院教育学研究科修士課程35名、大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)16名、大学院経済学研究科博士前期課程18名、特別支援教育専攻科8名の合計934名が本学を巣立ちました。

 それぞれの会場で位田学長から学部、大学院、専攻科の代表者への卒業証書等の授与に続き、学長式辞で卒業生へはなむけの言葉が贈られたのに続いて、在校生代表からお祝いと感謝の言葉、また、卒業生代表から今後の決意と教職員、在校生への感謝の言葉が述べられました。データサイエンス学部の卒業式が挙行された講堂では、一般社団法人データサイエンティスト協会代表理事の草野隆史様よりメッセージ(ビデオ)をいただき、最後に竹村彰通教授から、ピアノの生演奏(曲目:幻想即興曲(ショパン))で卒業生を送り出しました。

 各会場では、学業成績優秀者学長賞表彰も行われ、教育学部、経済学部、データサイエンス学部において在学期間中に最も優れた学業成績を挙げた3名に、位田学長から表彰状と記念品が贈られ、その努力と成果を称えました。

 また、経済学部・データサイエンス学部においては同窓会組織の陵水会より、卒業生に向けてビデオメッセージもいただきました。動画はこちら(YouTube)より視聴可能ですので、ぜひご覧ください。

データサイエンス学部代表が卒業証書・学位記を受け取る

データサイエンス学部代表 芝賢侃(しばたかなお)さん

大学院経済学研究科博士前期課程代表が修了証書・学位記を受け取る

大学院経済学研究科博士前期課程代表 青木吉史(あおきよしふみ)さん

位田学長が式辞を述べる様子

位田学長からの式辞

送辞を述べるデータサイエンス学部在校生代表

送辞を述べるデータサイエンス学部の岩崎巧実(いわさきたくみ)さん

答辞を述べる経済学部卒業生代表

答辞を述べる経済学部の清澤英正(きよざわひでまさ)さん

竹村彰通データサイエンス学部長によるピアノ演奏

竹村彰通データサイエンス学部長によるピアノ演奏

会場の様子(ひこね市文化プラザ)

会場の様子(滋賀大学講堂)

会場の様子(びわ湖ホール)

卒業証書・学位記を手に持ち笑顔の教育学部卒業生

卒業証書・学位記を手に持つ教育学部卒業生

【このページに関するお問い合わせ先】
 総務課総務係

Translate »