産学公連携推進機構では、「おにぎりプロジェクト」として、本学の学生とポーランドのヤギェウォ大学の学生がオンラインでつながり、お互いの国の文化・社会について交流を深めています。

 12月からは、学生たちがポーランド語に翻訳し、映像化した、絵本『へいわって、どんなこと?』(作:浜田桂子、童心社)をポーランドの子どもたちに向けて配信をしています。

 ノビーソンチュ第三初等教育学校では、この配信映像を教材とし、平和について感じたことを絵にする授業が行われました。

 7月から始まったオンラインでの2国間の学生の交流から、海外の子ども達への教育に繋がったことで、学生にとっても貴重な経験になりました。

配信映像を見るポーランドの子どもたち
みんな真剣に映像を見つめている様子

ノビーソンチュ第三初等教育学校での配信映像による授業

「戦争反対」と日本語で書かれている
太陽の下で、花を見つめながら腕を組む少女たち
平和の象徴である鳩の版画絵
みんなが自由に好きなことができる平和

ノビーソンチュ第三初等教育学校の生徒が描いた絵

〔関連情報〕

【お問い合わせ先】
 産学公連携推進課

Translate »