各地の大学で学園祭中止が相次ぐ中、彦根キャンパスの滋大祭実行委員会は、入学式や新歓行事等の中止により大学内での交流の機会が少なかった新入生に対して交流の場を設けてあげたい、各活動団体のこれまでの練習成果発表の場、学生間の憩いの場を設けたいとの想いから12月20日(日)に「滋賀大学学生交流会」を開催しました。
 この開催にあたっては、当実行委員会が知恵を出し合い様々な状況を想定した新型コロナウイルス感染症防止対策を作成し、大学側との度重なる話し合いを経て、参加者を学内者に限定、またフリーマーケットや模擬店は行わないこととし、名称も「滋大祭」から「滋賀大学学生交流会」として開催にこぎつけました。

学生交流会で検温をしている様子
学生交流会で換気対策をしている様子

知恵を絞って考えた新型コロナウイルス感染症防止対策

 当日は、あいにくの雨模様でしたが、コロナ禍における困難さの中で開催にこぎつけた同実行委員会及び出演者の熱い想いも参加者に伝わり感染症防止対策のルールをしっかりと守って、それぞれが思い思いにこの「滋賀大学学生交流会」を楽しんでいました。

アカペラ発表

よさこい発表

スマートボールを楽しむ参加者

例年同様の盛り上がりをみせた大抽選会

【このページに関するお問い合わせ先】
 学生支援課学生支援係

Translate »