地域の乳児期親子のためのつどいの広場「かんがるーむ」を2019年2月から教育学部の平松紀代子准教授を中心に大津キャンパスで展開しています。
 今年度は、コロナ禍により妊娠期の両親教室、産後の全戸訪問事業が休止され、支援を受ける機会が制約されており、いつも以上に不安と孤独を抱えておられる乳児期親子の支援に取り組んでいます。
 活動としては、感染症拡大防止策を講じたうえで、子ども服リユースバザール・絵本の読み遊び・骨盤エクササイズの講座を実施し、Zoomでの同時配信も行いました。
 1~2月は、次のとおり予定しておりますので、参加希望の方は Twitter・メールでお問い合わせください。詳細は、チラシをご覧ください。

◆ 1月21⽇:0歳からはじめる おむつなし育児の魅力 西田早苗
◆ 2月4⽇:抱っことおんぶの特別講座@滋賀⼤学清流荘1階和室 迫きよみ
◆ 2月18⽇:工作:⽜乳パックで椅⼦を作ろう!

 今後も、乳児期親子が参加しやすい環境に整え、子育てに役立つ企画をして、子どもとの生活のなかで生じる不安に寄り添う場をつくり、地域の子育て支援に貢献することを目指して参ります。

ベビーマッサージをしている様子

ベビーマッサージ

骨盤ケア講座をしている様子

骨盤ケア講座

キャンパスを散策している様子

キャンパスを散策

かえっこバザールの様子

かえっこバザール

「かんがるーむ」の取組は広報誌「しがだい」(52号)でも取り上げらています!

広報誌「しがだい」52号抜粋

Translate »