10月16日(金)、遺産による寄附のお申し出につき、ご寄附署名式を執り行いました。
 今春、故藤村泰子さまより滋賀大学にご寄附についての打診がありました。藤村さまは、障がい者、弱者に心を寄せておられ、また、ご自身が音楽を通してクオリティの高い人生を目指しておられました。そこで、弱い立場にある人々の音楽性を育てることにより、それぞれがクオリティの高い人生を送ることができるよう、障がい者の音楽教育への支援に大変ご興味をお持ちでした。その中で、本学音楽講座の活動をお聞きになり、藤村さまの思いを形にできるものとしてご寄附のご意向をいただいていたところ、あまりにも早い死をお迎えになられました。
 ご意志を受け継いだご遺族から、改めてご寄附のお申し出を頂戴し、大学関係者一同、故藤村泰子さまのご意志に沿って、いただきました寄附金を障害児の音楽教育に有効に活用させていただきます。

ご遺族代表から学長へご寄附お申し出

ご遺族と故藤村さまのご遺影を囲んで

 基金室のHPはこちら

【このページに関するお問い合わせ先】
 滋賀大学基金室(広報課内)

Translate »