10月21日(水)彦根キャンパスにおいて、令和2年度第6回学長サロンを開催しました。

 学長サロンは、日々の学習・研究や諸行事、学生生活などについて、学生の率直な意見、考え方、要望、情報その他を、位田学長と直接話しあうことができる場として、昨年度までは、原則月1回程度大津キャンパス又は彦根キャンパスで開催してきました。今年度は学生との交流の機会をもっと増やしたいとの学長の考えにより、オンライン会議等を用いて開催し、例年以上に学長と学生の交流の機会が増えました。

 今年度はこれまで5回開催し、第6回の今回は、データサイエンス学部3回生の男子学生1名が参加し、卒業後の進路やデータサイエンスの研究から、学生の地元の話まで幅広い内容の懇談が行われました。学長からは、「一つの専門分野のみ究めても大成はしない。社会科学、人文科学、自然科学と幅広い分野を修めてこそ自分の専門分野は活きてくる」との助言がありました。京都の和菓子を食しながら2時間に及ぶ懇談となり、とても貴重で有意義な時間を過ごすことが出来ました。

サロンの様子

学長と記念撮影

◆令和2年度学長サロン開催実績

日時 開催方法 参加人数(学生)
第1回 2020/5/27 オンライン 経済:3名
第2回 2020/6/26 オンライン 教育:1名
第3回 2020/7/16 オンライン 教育:3名
第4回 2020/7/17 オンライン 経済:1名
教育:1名
第5回 2020/8/21 オンライン 経済:1名
データサイエンス:1名

Translate »