9月16日(水)、滋賀大学講堂でウエルネスツーリズムプロデューサー養成講座2020の開講式を開催しました。
 今年で2回目となるこの講座は、観光庁の「産学連携による観光産業の中核人材育成・強化事業」の一環として受託されたもので、実践的なプログラムを通じて、事業創出、事業実施を推進する中核人材の創出、育成を図り、主に観光産業に携わる20名の社会人が受講します。
 開講式では、位田学長から、ウエルネスツーリズムの将来性と受講生への期待の大きさについて挨拶があり、続いて観光庁の町田倫代参事官(観光人材政策)が「これからの観光政策と人材育成の取組」をテーマに日本の観光の現況や“観光ビジョン実現プログラム2020”の概要について講演されました。
 他にも、NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構の高橋伸佳氏、一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構の小川正人氏らから、それぞれの知見に基づき、ウエルネスツーリズムについて講演いただきました。
 この講座は、全8回のプログラムで実施し、最終回のビジネスプランコンテストに向けて受講生が共同してウエルネスツーリズムのビジネスプランを策定し、新しい事業の創出を目指すもので、修了者には各人の職場で中核となって活躍されることが期待されています。

 

※ウエルネスツーリズム=自然散策、ヨガ、瞑想、フィットネス、スパ、食、レクリエーション、交流などを通して、地域の資源に触れ、心と体をリフレッシュし、明日への活力を得る旅のことで、これまでの観光の形態を滞在、体験型に変革していく大きな可能性を有し、アフターコロナ時代の旅の主流になると期待されており、本講座にも定員の3倍近い応募が全国から寄せられました。

位田学長挨拶

観光庁 町田倫代参事官(観光人材政策)の講演

NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構
高橋伸佳氏の講演

講師(前列)と受講生の皆さん

【このページに関するお問い合わせ先】
 産学公連携推進機構
 TEL:0749-27-1141
 E-mailwtp-school@biwako.shiga-u.ac.jp

Translate »