データ革命を担う高度なデータサイエンティスト育成の重要性の認識が高まり、いろいろな大学でデータサイエンス系の学部、学科、研究科、専攻の設立が続いています。政府においても、AI戦略2019などに基づき、数理・データサイエンス・AI教育の強化を進めています。
 しかしながら、諸外国ではすでにデータサイエンス分野の専門人材育成の教育体制が整っている中で、わが国での取り組みは緒についたばかりです。特に、大学におけるデータサイエンス分野の専門教員の不足が深刻であり、質の高い多くの専門教員の養成が緊急の課題となっています。
 そこで、国公私の垣根を越え、これまでデータサイエンス分野の専門教育組織を設立して来た大学や開設に向け準備を進めている大学が連携協力して「データサイエンス系大学教育組織連絡会」を設置しました。今後はこの連絡会において、この分野の専門教育の推進や専門教員の養成に戦略的に取り組んでまいります。
 

連絡会設立発起人
滋賀大学データサイエンス学部長 竹村 彰通
総合研究大学院大学複合科学研究科統計科学専攻長 藤澤 洋徳
長崎大学情報データ科学部長 西井 龍映
一橋大学ソーシャル・データサイエンス研究・教育担当学長補佐 渡部 敏明
兵庫県立大学社会情報科学部長 加藤 直樹
立正大学データサイエンス学部設立担当学長補佐 北村 行伸

文部科学省での記者会見

趣意書を掲げる各大学設立発起人

Translate »