新型コロナウィルス感染症の影響により家計が急変し、今後の修学が経済的理由により困難になった学生を対象として、2020年度前期分授業料免除申請を受け付けます。該当する学生は、下記要件等を確認して期限までに申請をしてください。

申請対象

 新型コロナウィルス感染症の影響により、生計維持者(※1)の事由発生後の所得(※2)が事由発生以前の所得と比較し1/2以上減少した者(※3)のうち、本学の授業料免除制度の基準に該当することとなる学部及び大学院生(既に前期分授業料免除申請をしている者及び既に前期分授業料を納付している者(※4)を含む)が対象となります。

必要書類

  1. 2020年度前期分授業料免除申請書(家計急変)【様式A】
  2. 世帯全員分の住民票
  3. 生計維持者の市区町村の課税証明書
  4. 生計維持者のコロナ禍によって家計急変したことが明確に分かる書類(給与明細等)(※5)
  5. 生計維持者のコロナ禍によって家計急変したと認められる公的支援証明書(※5)
    下記URLに証明書の一覧を例示しています。(※6)
    https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html
  6. 事情書【様式B】
  7. 84円切手(既に授業料等免除申請をした学生は提出不要です)

 既に授業料等免除の申込をした学生も再度市区町村の住民票や課税証明書の記載内容に変更がある場合は提出して下さい。

審査方法

 国立大学法人滋賀大学授業料等の免除及び徴収猶予規程に準じ、選考します。

申請方法

 現時点(5月22日現在)全キャンパスにおいて学内入構は禁止をしているため、郵送での提出を受け付けます。郵送で申請書を送付する学生は下記から様式を印刷し、必要事項を記載の上、各キャンパス担当窓口まで郵送をしてください。また、その際は万全を期すため、追跡可能なレターパックライトや簡易書留にて郵送してください。

〆切期日(厳守)6月12日(金)(担当窓口必着)

 

決定通知

 7月下旬を予定しています。免除の許可、不許可に関わらず申請者全員に通知します。

その他注意事項

  • 不備・不足があった際には、大学からの照会には速やかに応じるようにしてください。
  • また、郵送で提出する学生は不備が確認されますと、郵送でのやり取りにかなりの時間を要します。余裕をもって速やかに申請するようにしてください。
  • 《授業料免除申請》と《「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』》の申請は別です。混同しないように注意してください。

※1…生計維持者とは、原則父母又は父母の代わりに生計を維持する者です。
  父母等の扶養下にない学生(大学院生等)及び私費留学生は独立生計者です。

※2…家計急変の状況は、生計維持者の年金及び公的扶助等による収入は含まず、給与収入
   (自営業については事業収入から必要経費を差し引いた金額)により比較します。

※3…所得の減少については、事由発生後1か月分の所得に12か月を乗じた金額が、事由
  発生前の所得と比較して減少していること。外国人留学生は、本国にいる家族からの
  仕送りや申請者本人のアルバイト収入等を合算した金額が減少していること。
  急変が発生した月(今年1月以降)と発生する前の月の給与明細等客観的に比較すること
  が可能であることを求めます。前年同月比でも可能です。

※4…決定し次第通知と免除決定者には返金するための振込口座届出用紙をお送りします。

※5…原則④と⑤の両方の提出を求めますが、いずれか一方の提出も可とします。
  その際は事情書【様式B】に両方の提出ができない理由を記入してください。

※6…公的支援証明書の提出が可能な学生については日本学生支援機構給付奨学金を
  家計急変により採用ができる場合があります。申請を希望する学生は事前に連絡してください。

担当窓口

○大津キャンパス(〒520-0862 滋賀県大津市平津2-5-1)
  教育学部 学生・就職支援係

○彦根キャンパス(〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1)
  学生支援課学生支援係

seikatsu@biwako.shiga-u.ac.jp

Translate »