我が国の国立大学法人は中国の大学や研究機関と密接な交流があり、毎年科学技術振興機構(JST)中国総合研究・さくらサイエンスセンターが主催して「日中大学フェア&フォーラム」を開いています。滋賀大学も一昨年広州市で開かれた際、これに参加して、データサイエンス学部を中軸として、ビッグデータ、AIを核としたSociety5.0をけん引する滋賀大学の展開を紹介し、また従来からの連携先大学と旧交を温め、新規の交流希望大学とも懇談しました。
 この度、中国の関係大学・研究機関からJSTを通じて、日中フェア&フォーラム参加の大学・高等専門学校・関連機関に対してマスクの寄贈がありました。この寄贈されたマスクは多数の参画大学等に配分され、滋賀大学にも届けられました。
 新型コロナウイルス感染症との闘いの状況でこのような形で中国からの支援をいただけることは、両国の学術・科学技術交流のいっそう親密な連携を進めることにつながり、滋賀大学にとってもたいへん喜ばしいことです。滋賀大学はすでに湖南師範大学や東北財経大学、湘潭大学、首都経済貿易大学といった有力大学と密接な連携関係にあり、今後とも中国の他の様々な大学とも教育・研究交流を進めていきたいと考えています。

寄贈されたマスクと本学公式キャラクターカモンちゃん

Translate »