政府は「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」により、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記載されている者を給付対象者、その者の属する世帯の世帯主を受給権者として、国民一人あたり10万円を支給する特別定額給付金事業の実施を決定しています。
 この給付金を受けるには世帯主が申請することになっていますが、住民票を実家等から移してアパート等で一人暮らしをしている方は、その方が世帯主となりますので各自で給付金の申請が必要となります。市区町村から送付される申請書に従って必ず手続きを行ってください。
 なお、この給付金は、住民基本台帳に記載された国内在住の外国人も対象となります。また、海外留学から帰国し、基準日において日本に居住している日本人学生等ついても、住民票を復活させる手続きをしていただくことにより、住民登録の復活が基準日より後であっても給付対象者とすることとしています。

 

給付金を装った詐欺等に注意!!
 給付金を装った詐欺等の発生も想定されます。市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることや、「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありませんので、注意してください。

 

・特別定額給付金事業の概要【総務省HP】
・特別定額給付金詐欺被害防止ポスター【総務省HP】

Translate »