公共経営に関する「滋賀大学公共経営イブニングスクール」の本年度前期プログラムを5月22日(金)から9月25日(金)の間に5回(いずれも18時20分~20時20分)開講し、受講生30名を募集します。

 なお、今期の授業は当面Zoomでのオンライン講義を基本とし、可能となった段階で対面授業に切り替えます。

(Zoomでのオンライン講義においては、各自でパソコンとインターネット環境、もしくはスマートフォンのご準備をお願いします。詳細は受講者に連絡します。)

「地方創生のビジネスデザイン」

 地方創生政策は2015~19年度の第1期5年間を終了し、今年度から第2期が始まる。第2期の目玉政策として、国からは関係人口の創出・拡大、AIやロボティックスなどのSociety5.0の推進などが示されている。第1期では地方自治体を通じて1兆円を超える交付金などさまざまな支援を行ったが、地方から東京への人の流れはむしろ拡大し、出生率は上がらず、期待した成果は全く出ていない状況にある。金融、公共事業が牽引するアベノミクスの限界でもあるが、国主導でなく民間主導による地域課題を解決する自律的なビジネスを生み出す必要がある。過疎化が進むいくつかの地域で、活発にローカルビジネスが生まれ、移住者が増え、元気な地域になっている例はその可能性を示唆している。

 本スクールでは、改めて地方創生とは何かを確認し、活発にビジネスが生まれている事例を研究し、ポストコロナを睨んで、未来志向のビジネスデザインを策定する手法を学びます。

【日程】
5月22日(金) 、6月26日(金) 、7月17日(金) 、8月21日(金) 、9月25日(金)

【時間】18時20分~20時20分

【場所】Zoomでのオンライン講義
※対面授業が可能になり次第、
 滋賀大学大津サテライトプラザ(大津市末広町1-1 JR大津駅前日本生命大津ビル4階)

【受講料】2,500円(*受講許可後、請求書を送付します。後日指定する期限内に納付をお願いします。)

【定員】30名(先着順)

【申込方法】
下記申込書にご記入の上FAXでお申し込みください。
もしくは、申込事項(①氏名②性別③年齢④事業所・団体名⑤所属部署/役職名⑥住所⑦電話番号⑧メールアドレス)を記載してメールでお申し込みください。

【締め切り】2020年5月15日(金)

【申し込み先】
滋賀大学産学公連携推進課
FAX:0749-27-1431
E-mail:icr@shiga-u.ac.jp

【このページに関するお問い合わせ先】
 産学公連携推進課
 TEL:0749-27-1141
 E-mail:icr@shiga-u.ac.jp

Translate »