このたび、滋賀大学は、三重県(知事:鈴木英敬氏)とデータ利活用による価値創造や課題解決を推進し、データサイエンス分野の発展に資することを目的として、当該分野における連携・協力に関する協定を締結しました。

本学は、データサイエンス分野の先駆者として、我が国が目指すSociety5.0社会の実現に向けて、データ関連人材育成やデータサイエンス技術の社会実装を全国規模で取り組んでおり、今回の協定はその一環として、三重県でのデータサイエンス分野の普及・発展への礎となるものです。

協定書を持ち記念撮影をする様子

(左から)槙田直木副学部長、竹村彰通学部長、位田隆一学長、鈴木英敬知事、村上亘雇用経済部部長

Translate »