2月14日(金)、草津市のしがぎん草津ビルにて、本学と滋賀銀行、滋賀県主催の「地域ブランド戦略フォーラム」を開催し、滋賀県内外の産業事業者、自治体職員、教育関係機関など産学官金から約60名にご参加いただきました。(後援:滋賀県中小企業団体中央会)

 地域ブランド戦略フォーラムは、ものづくりや、食や、観光・インバウンド、海外展開、まちづくりまで、幅広い地域の戦略的なブランティングを目指すために開催しています。

 今回は、3名のゲストスピーカーより様々な観点から地域活性化の取り組みについて、講演していただきました。株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング代表取締役会長の後藤健市氏からは、野遊びを核とした地域活性化のさまざまな事例のご紹介と滋賀県での可能性について、ソフトバンク株式会社から生まれた社内スタートアップのumamill株式会社取締役COOの松原壮一朗氏からは、食の事業者の方がITを使って簡単に海外展開できる仕組みとその手法について、愛荘町で活動しているりんりん制作事ム所の関りん氏からは、地域のレガシーを活かした商品「ののすておりがみ」他関連商品の開発についてお話をしていただきました。

 最後に、本学産学公連携推進機構の上田雄三郎客員准教授が「モノからコトへの誤解」と題した2年間を総括した講演を行い、「モノづくり」の重要性を全員で再確認しました。

 どの講演もビジネスや地域が元気になるヒントが多く、終了後の名刺交換会も大盛況でした。講演後の交流会にも多数ご参加いただき、戦略フォーラムのネットワークづくりも図ることができました。

後藤健市氏の講演

株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング
代表取締役会長 後藤健市氏

松原壮一朗氏の講演

umamill株式会社
取締役COO 松原壮一朗氏

関りん氏の講演

型紙雑貨デザイナー、あそびクリエイター
りんりん制作事ム所 関りん氏

上田雄三郎客員准教授の講演

産学公連携推進機構 社会連携センター
上田雄三郎客員准教授

講演を聴く来場者の方々

会場の様子

〔関連情報〕

【このページに関するお問い合わせ先】
 産学公連携推進機構
 TEL:0749-27-1141
 E-mail:icr@shiga-u.ac.jp