9⽉10日(火)~12日(木)に長野県松本市で開催された「2019年度全日本国・公立大学対抗ソフトテニス大会」で、体育会ソフトテニス部男子Aチームが優勝し、日本一になりました。昨年度3位の雪辱を果たし、見事に日本一の称号を手にすることができました。

 荒木・松永ペア(経済学部2回生・教育学部4回生)と井戸・佐藤ペア(共に経済学部3回生)は、3日間を通して全勝と調子の良さを存分に発揮しました。

【佐藤舟将さん(経済学部3回生)のコメント】

 日本一になることができてとても嬉しいです。これも普段よりご支援頂いているOB、OGや周囲の方々の支えのおかげであると感じています。ありがとうございます。

 昨年度3位になった際に、自分たちには優勝を狙えるだけの実力があると確信し、今大会も優勝を目標としていました。エースの長谷川・小吹ペア(経済学部4回生・3回生)の調子が今ひとつ上がらない中、他の2ペアでカバーできたのはとても大きかったと思います。チームとしての団結力がもたらした優勝であったと思います。この結果に慢心せず、さらによい結果を求め、練習に励んでいきたいと思います。

コートに走って行く部員たち

優勝を決めた瞬間

賞状や優勝カップ等を受け取る選手たち

表彰式の様子

表彰式後みんなで記念撮影

参加したメンバーでの一枚

【このページに関するお問い合わせ先】
 学生支援課学生支援係
 TEL:0749-27-7530
 E-mail:seikatsu@biwako.shiga-u.ac.jp