10月24日(木)栗東芸術文化会館さきらを会場に、株式会社NTTドコモ(本社:東京都、以降「NTTドコモ」)が主催の、「地方創生セミナーin滋賀」が開催されました。本学はNTTドコモと平成31年3月に連携協定を締結していることから、このセミナーの後援の他、須江雅彦理事(社会連携担当)が「DIVE TO THE FUTURE 地方創生のためのデータサイエンス」をテーマに特別講演を行いました。

 この特別講演では、データ関連人材の諸外国の動向を交え、日本におけるデータサイエンスの、特に統計分野の危機的状況や、同分野の人材不足の所以とそれへの国の政策について紹介がありました。そして、これらの状況を踏まえた本学の教育内容や、指導方法についても説明があり、会場を埋める聴衆は、熱心に聴き入っていました。

 セミナーでは他に、NTTドコモの取り組み内容として、今後5年間、ドラマの舞台やスポーツイベントの会場として注目が見込まれる滋賀の観光分野や、昨年関連法案の成立で注目される働き方改革分野での先行事例が紹介されました。

ビッグデータについて説明している須江理事

講演する須江理事

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-mail:dsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp