10月23日(水)、佐藤工業株式会社(東京都中央区)の本社社屋会議室で連携協定の締結式を開催しました。代表取締役社長の宮本雅文氏と、本学位田隆一学長の立ち合いのもと、データサイエンスを用いた次世代施工技術に関する研究開発や関連人材の育成を目的とした協定を取り交わしました。

 これまで、金融業や保険業、医薬製造業など、産業界の多くの業種とデータサイエンス分野での連携協定を締結し、データサイエンスの普及に努めてきた本学ですが、総合建設業という新たな業種との連携を進めることとなりました。

 これにより本学は、総合建設業において国が主導する施策を推進する佐藤工業株式会社のICT化、IoT化をデータサイエンス分野でサポートし、同業界でも不足しているデータサイエンス関連人材の育成や高度化に貢献してまいります。

 今後も滋賀大学は、産業界を始めSociety5.0社会に向けて、データサイエンスのトップランナーとしての責務を果たすべく邁進します。

握手をしている二人

固い握手を交わす
宮本代表取締役社長(写真左)と位田学長

取り組みの説明をする谷口特任教授

協定に関わる取り組みについて説明する
谷口伸一特任教授(写真右)

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-mail:dsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp