10月8日(火)、本学は、プロバスケットボールチームを運営する株式会社滋賀レイクスターズ(大津市)と連携協定を締結しました。

 この協定によるプロジェクトの大きなトピックスは、データサイエンス学部学生が滋賀レイクスターズのゲームデータの分析と、そのフィードバックを行うことです。これによりチームの戦略・戦術の向上を図り、勝率アップへの貢献が期待されます。

 発表会では、株式会社滋賀レイクスターズ代表取締役西村大介氏と竹村彰通データサイエンス学部長から昨今のプロスポーツのデータ分析を巡る動向が紹介されたのち、保科架風データサイエンス教育研究センター特任准教授よりプロジェクトの詳細が説明されました。

 残念ながらプロジェクトメンバーの学生は講義へ出席するため発表会に出席できませんでしたが、司会者からメンバーのコメントが紹介されました。このコメントからは、スポーツアナリストを目指す者として、プロスポーツに関わることのできる喜びと、これまでの実績に基づく自信に満ちたプロジェクトに対する意気込みが感じられました。

 なお、この協定締結発表会は、プロジェクトのスポンサーである株式会社PRO-SEED(彦根市)本社社屋において開催しました。

バスケットボールを手に持って記念撮影

写真右から、株式会社PRO-SEED代表取締役社長青栁孝幸氏、株式会社滋賀レイクスターズ代表取締役西村大介氏、竹村学部長、齋藤邦彦副学部長、保科特任准教授、滋賀大学マスコットキャラクターカモンちゃん

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-mail:dsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp