6月27日(木)彦根キャンパスにおいて、「金融リテラシーとライフデザイン~人生、お金、金融知識」のテーマで授業を行い、432名の学生が受講しました。この授業は、本学と滋賀銀行との包括連携協定に基づく事業の一環として実施され、今回は、滋賀銀行営業統轄部地域振興室の奥田芳久客員社会連携コーディネーターに講義をしていただきました。滋賀大学では、「社会連携コーディネーター制度」を設立し、客員社会連携コーディネーターの方には、地域との懸け橋として活動していただいています。

 講義の内容は「金融リテラシー(お金の知識や判断力等)を正しく身に着け、未来のために自分の夢の実現を目指すようになってほしい」という方針のもと若者向けに普及されているもので、本学経済学部の入江直樹特任准教授担当の「キャリアデザイン論」の中でのご講演です。人生やお金、金融知識について実例を紹介しながら、わかりやすく説明をしていただきました。

 授業後のアンケートには、「自分の夢の実現のための参考となった」「社会人として就職するのに必要な知識として身につけることができた」などの感想が寄せられ、授業の実質的内容の充実に資することができました。

 今後も、客員社会連携コーディネーターをはじめとする地域で活躍する方とともに、地域連携事業を推進していきます。

講義を行う奥田客員社会連携コーディネーター

奥田客員社会連携コーディネーター

大勢の学生たちで講義室はいっぱいに

熱心に聞き入る学生たち

【このページに関するお問い合わせ先】
 産学公連携推進課産学公連携推進係
 TEL:0749-27-1279
 E-mail:soc-coop@biwako.shiga-u.ac.jp