滋賀大学創立70周年、大学院データサイエンス研究科が設置されたことを記念し、令和元年6月1日(土)琵琶湖ホテル(大津市)において県の政財界、県内外の大学長、連携企業、教職員、学生など約270名が出席し、「滋賀大学創立70周年及び大学院データサイエンス研究科設置記念式典・記念講演会・祝賀会」を開催しました。

記念式典

 本学教育学部渡邊史准教授の学歌独唱につづき、位田学長が式辞を述べ、滋賀大学が、データサイエンス学部の設置をきっかけに「滋賀大学3.0」と呼ぶべき新しい時代を迎えるとともに、学長が示した「滋賀大学イノベーション構想:キラキラ輝く滋賀大学へ」に基づき、未来に向かって疾走中であり、さらに、2019年度からは、大学院データサイエンス研究科の整備により、「滋賀大学3.0」の第二フェーズに入ったことが報告されました。

 その後、文部科学省高等教育局長伯井美徳氏が文部科学大臣の祝辞を、滋賀県副知事由布和嘉子氏が滋賀県知事の祝辞を代読されました。

 最後に、竹村彰通データサイエンス研究科長により、今年度から新設された大学院データサイエンス研究科の紹介が行われ、様々な業種の企業から派遣された学生が集まる本研究科の特徴の説明と、日本のデータサイエンス教育研究拠点としての本学の地位を確かなものにする決意を語られました。

ステージで独唱する渡邊准教授

渡邊准教授の学歌独唱

位田学長式辞

位田学長の式辞

文部科学大臣の祝辞を代読する伯井文部科学省高等教育局長

文部科学大臣の祝辞を代読する
伯井文部科学省高等教育局長

滋賀県知事の祝辞を代読する由布滋賀県副知事

滋賀県知事の祝辞を代読する由布滋賀県副知事

大学院データサイエンス研究科の紹介をする竹村研究科長

竹村研究科長による
大学院データサイエンス研究科の紹介

多くの方々が式典に出席してくださいました

会場の様子

講演会

 米国カーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授、及び京都大学高等研究院招聘特別教授、理化学研究所(理研)革新知能統合研究センター特別顧問であり、コンピュータビジョン、マルチメディア、ロボット工学において先駆的研究に取り組んでおられる金出武雄氏を講師に迎え、「面白く、役に立ち、ストーリーのある研究開発について」を演題にご講演いただきました。社会へのインパクトを与える研究に意識的に取り組むことを強調され、先生のご経験をスーパーボウルに採用された”eye vision”のケースなどの事例を紹介されながらご講演いただきました。

金出カーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授の講演会

金出カーネギーメロン大学ワイタカー冠全学教授

スクリーンを使って講演されている金出教授

演題「面白く、役に立ち、
ストーリーのある研究開発について」

祝賀会

 祝賀会では、位田学長の挨拶後、国立大学協会専務理事山本健慈氏と株式会社コマツ代表取締役会長大橋徹二氏による祝辞が述べられました。続いて鏡開きが行われ中国の湖南師範大学副学長周俊武氏のご発声により乾杯し、出席者全員で創立70周年とデータサイエンス研究科の設置を祝いました。

 本学マスコットキャラクターのカモンちゃんもお祝いに駆け付け、学長挨拶と鏡開きを応援したほか、歓談中の出席者との記念撮影に応じました。

 祝賀会の後半では学生の文化サークル「滋賀大学オーケストラ」により、「カヴァレリア・ルスティカーナ」から間奏曲と「眠れる森の美女」が演奏され、出席者はしばしその演奏に耳を傾けていました。

 最後に本学小倉明浩理事が謝辞を述べ、閉宴となりました。

学長を見守るカモンちゃん

位田学長の挨拶

山本国立大学協会専務理事の祝辞

山本国立大学協会専務理事の祝辞

大橋代表取締役会長の祝辞

大橋株式会社コマツ代表取締役会長の祝辞

鏡開き

鏡開き

場を和ませるカモンちゃん

場を和ませるカモンちゃん

記念撮影に応じるカモンちゃん

記念撮影に応じるカモンちゃん

滋賀大学オーケストラの演奏

滋賀大学オーケストラの演奏

小倉理事の謝辞

小倉理事の謝辞

【このページに関するお問い合わせ先】
 総務課総務係
 TEL:0749-27-1005
 E-mail:ssyomu@biwako.shiga-u.ac.jp