1月24日(木)に彦根キャンパス第17講義室において、「情報学への招待」成果報告会(平成30年度)を開催しました。「情報学への招待」は全学の教養科目で、地域の課題を明確化し、解決するための設計を行い、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorのソフトを使ってポスターやチラシをデザインしています。

 今回の講義では、SDGsをテーマに、21名の学生が5つのチームに分かれてポスターやポップ、リーフレットや映像を製作しました。留学生4名もこの講義を受講しており、日本人の考えだけではないグローバルな視野を持って学ぶことができました。

 「SDGsって何?」というところから調べていき、同じ学生をターゲットにして、まずは「SDGsを知ってもらう」という目的で様々な形に落とし込んでいきました。

 学生からは、「取材先の方とSDGsについて話すことで、知ってもらう機会になった」「ジェンダーというテーマは大学生の自分たちにとってとても身近なテーマだ」「無関心でいない、自分の問題であると認識するということが大事だと感じた」などの意見がありました。

 今回製作したものは、滋賀大学の食堂や図書館など学生にとって身近な場所への設置、Twitterでの発信、映像はYouTubeチャンネルにて発信予定です。

チームAの発表の様子
チームAの卓上ポップ

チームA《卓上ポップ製作》

チームBの発表の様子
チームBのポスター

チームB《ポスター製作、Twitterでの発信》

チームCの卓上ポップ
チームCが卓上ポップを手に発表している様子

チームC《ポスター、卓上ポップ製作》

チームDがリーフレットを手に発表している様子
チームDのリーフレット

チームD《リーフレット製作》

チームEの制作した映像を映している様子
チームEの発表

チームE《映像製作、YouTubeでの発信》

【このページに関するお問い合わせ先】
 総務課広報室
 TEL:0749-27-7524
 E-mailkoho@biwako.shiga-u.ac.jp