12月20日(木)に、元国際連合本部(ニューヨーク)経済社会局統計部次長の大崎敬子氏を講師にお招きし、データサイエンスセミナー特別講演会を彦根キャンパスで開催します。

 大崎先生は、国連本部において、経済社会局人口部人口移動課課長、同局統計部次長等の要職を歴任され、世界各国の統計データの整備等に携わってこられました。

 今回の講演では、先生がSDGsのGlobal Monitoring Frameworkの策定を担当されたご経験から、国連が提唱する国際文書のフォローアップにデータがどれだけ必要とされているか等についてご講演いただく予定です。

 入場無料・事前申し込み不要ですので、ぜひご参加ください。

 

【日時】12月20日(木)13時~14時20分

【場所】滋賀大学彦根キャンパス 第2校舎棟2階 第23講義室

【講師】大崎敬子氏(元国連本部経済社会局統計部次長)

【入場料】無料(事前申し込み不要)

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-maildsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp