データサイエンス分野における国内最高水準の教育研究拠点である本学が、未来の日本経済の発展に不可欠なIoTや機械学習に関する企業人材育成を推進するため、2018年9月11日(火)~10月15日(月)にかけて、公益財団法人 関西生産性本部、株式会社オージス総研と連携し、「第1期製造業向けデータサイエンス人材育成塾 ~ IoTと機械学習をデータ取得から分析まで一気通貫で学ぶ ~」を大阪市内で開催しました。

 本事業は、現場で実際にアクションを起こせる能力を短期間(全6回)で養成できるように設計され、本学からは、企業で長年に渡りデータ分析に携わってきた河本 薫教授が研修全体の監修ならびに第1回「導入」、第6回「自社での推進方法の検討」を担当。笛田 薫教授、松井秀俊准教授もそれぞれ、第4回と第5回に「機械学習」を担当しました。

 様々な組織や企業から受講される中、全セッションを通じて、ディスカッションやプログラミング等の実装を交えた講義内容に対し、受講者の皆さんは最後まで熱心に取り組まれ、活発な質疑応答も行われていました。

 最終日には受講者が抱えるIoTやデータ分析の課題に関する相談会も開かれ、データサイエンス技術の社会実装への課題把握もでき、本学も大変参考となりました。

 本学は、今後もデータサイエンティスト育成や企業の課題解決に向けた共同研究等を推進し、社会貢献を行ってまいります。

河本教授

河本教授(第1回、第6回)

笛田教授

笛田教授(第4回)

松井准教授

松井准教授(第5回)

講義風景

講義風景

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-maildsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp