9月20日(木)、JR大津駅前の本学大津サテライトプラザにおいて、平成30年度 特別コース「データサイエンスセミナー」を統計研究研修所との共催で開講しました。

 このセミナーは、統計リテラシー向上を目的として全国を対象に開講しているもので、近畿地区はもとより、北海道から岡山、広島に至る全国の自治体職員24名の方が受講されました。

 本学の高田聖治教授による「ビッグデータ時代に求められるデータサイエンス力」についての講義と、京都大学大学院の佐藤彰洋特定准教授による「オープンデータを用いたデータ分析方法の体験的学習」について演習が行われ、受講者は皆熱心にデータ分析に取り組まれていました。

 講義内容

 1. 「ビッグデータ時代に求められるデータサイエンス力」

    データサイエンス学部副学部長 教授 高田 聖治

 2. 「オープンデータを用いたデータ分析方法の体験的学習」

    京都大学大学院情報学研究科数理工学専攻特定准教授 佐藤 彰洋 氏

講義風景

講義する高田教授

講義風景

講義する佐藤特定准教授

演習風景

演習風景

【このページに関するお問い合わせ先】
 経済学部・データサイエンス学部共通事務部DS連携事業推進係
 TEL:0749-27-1045
 E-maildsjimurenkei@biwako.shiga-u.ac.jp