3月10日(土)、データサイエンス学部の和泉志津恵教授と松井秀俊准教授が、平成30年度にBS放送やインターネット等で放送・配信される、放送大学テレビ番組「データサイエンス特別番組」の公開講演会で講演を行いました。

 講演会は中京大学名古屋キャンパスで開催され、幅広い年齢層の聴講生約80名が参加されました。

 和泉教授は、「データサイエンスことはじめ」と題して、データサイエンス分野をわかりやすく解説し、また、例題やミニクイズを通してデータサイエンスの世界に触れてもらうなど、初めて学ばれる方々にもデータサイエンスに親しんで興味を持っていただく講演を行いました。

 続いて、松井准教授は、「データサイエンスをいかす」と題し、データを分析するための回帰分析や判別分析などの統計手法を紹介し、これらの方法がどのような場合に使われ、どのような結果を与え、それらをどのように解釈するかについて説明しました。また、コンピュータ上で実際に分析を行う流れについても説明しました。

 講演終了後の質疑応答では、多数の質問が絶え間なく上がり、活発な議論が行われました。

 データサイエンス学部は、我が国のデータサイエンス教育研究拠点として、今後も様々な場所や機会での社会展開を推進してまいります。

和泉教授の講演

和泉志津恵教授の講演

松井准教授の講演

松井秀俊准教授の講演