交流協定校である台湾の高雄師範大学から、教員6名と学生16名の計22名が2017年2月2日(木)~5日(日)まで教育学部に滞在され、国境高原スノーパークにてスキー実習を実施しました。初めて見る雪に興奮しつつも、初体験のスキーに悪戦苦闘しながら実習後半にはかなり上達された学生さんもいました。

 歓迎会やスキー実習をはじめとして本学の学生と交流がはかられ、満足した表情で滋賀大学を後にされました。

 

高雄師範大学の学生さんを迎えて写真撮影

歓迎会での集合写真

歓迎会での一枚

渡部教育学部長(滋賀大学)と
李副学長(高雄師範大学)

おそろいの青い衣装でソーラン節を舞う

ソーラン節を披露する本学の学生

雪山でスキーに挑戦

開校式:日本式の挨拶で実習開始

歩くところからスタート

ぎこちない動きですが滑り始めます

緩やかな斜面を下っていく

雪原を滑っていきます

格好よく滑れるようになりました

辻教授(教育学部)の指導の下、
上達していく学生さんたち