滋賀大学保健管理センターでは、学生・教職員及び地域住民の皆さまを対象に健康的な生活を送るための正しい情報を提供する機会として滋賀大学健康セミナーを開催しており、本年度、第2回は、12月13日(火)、総合研究棟〔士魂商才館〕セミナー室において開催し、32名の方の参加がありました。

 「脱メタボをめざして ~管理栄養士さんに訊く食事療法のコツ~」と題し、前半では、保健管理センター 山本所長よりメタボとはどのようなものか、肥満に起因ないし関連する健康障害等について紹介があり、その後、京都駅前ホリイ内科クリニック 管理栄養士の上 育代〔カミ イクヨ〕氏による講演が行われました。実際の症例などを交え、具体的にどの食品にどれくらいの摂取カロリーが含まれているか、リバウンドをおこさないためにも運動と食事療法の両方を行っていく重要性やそのコツについて、分かりやすく説明がありました。

 後半は、参加者からの質疑応答にあてられ、日本人の平均的な食事に多く含まれる塩味が食欲を増進させる効果があること等、医師、管理栄養士の立場ならではの視点から丁寧な回答が行われました。

 今回のセミナーで学んだ、暮らしの中での栄養管理のコツを、日々の食生活に活かしていただけることを期待します。

管理栄養士 上 育代氏がスクリーンに映して講演している様子
講演する上 育代氏

管理栄養士 上 育代氏による講演

山本所長の健康セミナー
参加者が質問している様子

健康セミナーの様子

 なお、第3回の健康セミナーは以下の開催予定になっておりますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

 ◆平成29年3月 
 「ニューロサイコアナリシスへの招待」(仮)
  講師 久保田 泰考(滋賀大学保健管理センター教授)他 
  場所 滋賀大学大津サテライトプラザ(予定)