12月12日(月)、主体的な学びや課題解決力を主眼とした高大接続改革の一環として、経済学部とデータサイエンス教育研究センターが彦根東高等学校と、データサイエンス教育研究センターが虎姫高等学校と、それぞれ高大連携協定を締結し、両校の先進的なアクティブ・ラーニングの取組に協力することになりました。

 彦根東高等学校では、経済学部とデータサイエンス教育研究センターの教員が課題研究を支援するプログラムがすでに開始され、虎姫高等学校では、データサイエンス教育研究センターの教員による授業カリキュラムの設計やデータ解析等の指導法の助言、データサイエンスをテーマとした探究学習プログラムへの協力を予定しています。

 将来的には、両校とアクティブ・ラーニングを主軸とした共同研究や交流を深め、教職員、生徒・学生が日常的に行き交い、互いの主体的な学びを深めていく「知の拠点」の形成をめざすとともに、高校教育における新たな教育課程やデータサイエンス教育のモデルを構築することで、地域の教育水準の向上に貢献することが期待されます。

署名している様子

協定書に署名する様子
左から小倉経済学部長、竹村センター長、
青木彦根東高等学校長

協定書を囲んで東高校の先生方と撮影

彦根東高等学校の関係者と記念撮影

協定書に署名する様子

協定書に署名する竹村センター長(左)と
藤居虎姫高等学校長

協定書を囲んで虎姫高校の先生方と撮影

虎姫高等学校の関係者と記念撮影