偲聖寮では、11月26日(土)午前10時から彦根市消防署北分署の指導・協力を得て、100名の寮生が参加して消防訓練を実施しました。

 男子寮2階補食室からの出火を想定し、通報訓練に始まり、自衛消防隊の避難誘導班の誘導により、速やかに各自、玄関前広場に避難・集合しました。

 続いて同署員の指導のもと屋内消火栓の操作・放水、水消火器による初期消火訓練、屋上の救助袋からの避難訓練を行いました。

 参加者は、それぞれの訓練に真剣に取り組み、防火意識の高揚と防火知識をより深めることができ、有意義な訓練となりました。

訓練に参加するため多くの学生たちが集まっている

訓練に参加する学生

屋上で脱出用の救助袋を設置する

救助袋を使用しての避難訓練

消防士の方が消火器について説明

消火器の種類や取扱方法の説明を受ける

激しい水の出るホースを持つ学生

消火栓を使用しての消火訓練