滋賀大学保健管理センターでは、学生・教職員及び地域住民の皆さまを対象に健康的な生活を送るための正しい情報を提供する機会として滋賀大学健康セミナーを開催しており、11月5日(土)、教育学部視聴覚教室において第1回を大津市と共催で開催し、約50名の方の参加がありました。

 「認知症サポーター養成講座 ~認知症の人を地域で見守り支えるボランティア~」と題し、全国キャラバン・メイト協議会講師による講演が行われ、実際の症例などを交え認知症を引き起こす主な病気や症状、早期受診・早期治療の大切さや認知症の人と接する際の心構えなどについて分かりやすく説明がありました。

 その後、実際に認知症のご家族を介護されている方の体験談から、早期発見・早期治療の大切さと共に地域の支えがいかに重要かを認識することができました。

 最後に参加者からの質疑応答もあり、講師から丁寧な回答が行われ、セミナー終了後には、認知症サポーターの証としてオレンジリングが参加者全員に授与されました。

 今回のセミナーから認知症への理解が深まり、支援の輪が広がることを期待します。

開催挨拶をする山本所長

開催挨拶をする山本所長

全国キャラバン・メイト連絡協議会講師による講演

全国キャラバン・メイト連絡協議会講師による講演

健康セミナーの様子
健康セミナーの様子

健康セミナーの様子

 なお、第2回の健康セミナーは以下の開催予定になっておりますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

 ◆平成28年12月13日(火)16:10~17:00
 「脱メタボをめざして ~管理栄養士さんに訊く食事療法のコツ~」
  講師 京都駅前ホリイ内科クリニック 管理栄養士 上 育代〔カミ イクヨ〕氏
  場所 滋賀大学経済学部総合研究棟〔士魂商才館〕3Fセミナー室Ⅰ