平成27年度びわ湖環境ビジネスメッセが、10月19日~21日の間、長浜バイオ大学ドームで開かれました。本学は平成5年度初回より出展、今回が19回目となりました。このメッセへの24年度以降出展は全学をあげての行事と位置づけ、地域の知の拠点としての滋賀大学を学内外へアピールするため、今年は「滋賀大学が進める環境にやさしい農と食による地方創生」を看板に、両学部及びセンターの知見を紹介しました。

 ブース内では、活動や研究成果を紹介する8枚のパネルを展示したほか、社会連携研究センター客員研究員の立花尚子さんによる「環境こだわり近江野菜講座」、環境総合研究センターによる「びわイチモニタリングシステム」のデモンストレーション、教育学部森研究室による農場で栽培したさつまいもを用いた“食べ比べ”イベント、また本学認定の環境学習支援士による「クイズコーナー」を実施しました。学生が演じる着ぐるみ人形のカモンちゃんも登場し、ブースは多くの来場者で盛り上がりました。

メッセ会場の様子

メッセ会場の様子

立花さんによる「近江野菜講座」

立花さんによる「近江野菜講座」

環境学習支援士によるクイズ

環境学習支援士によるクイズ

びわイチモニタリングシステムのデモ

びわイチモニタリングシステムのデモ

教育学部生によるサツマイモの食べ比べ

教育学部生によるサツマイモの食べ比べ

来場者を迎えるカモンちゃん

カモンちゃんも登場しました!