去る7月20日(水)、滋賀大学経済学部において滋賀大学第1回学長セミナーを開催しました。

 このセミナーは、教育及び経済の分野にとどまらない、さまざまな現代社会の課題をテーマに行うもので、今回初めて開催しました。

 国際連合事務局政務官の後藤 裕史氏を講師に招き「国連安全保障理事会における外交交渉-内側から見た安保理」をテーマに、安全保障理事会での仕事の内容や実情及び各国大使による外交交渉、いわゆる「国連外交」の様子など、安全保障理事会の内部を知る国連職員の視点から見た興味深い内容の講演となりました。

 講演終了後も活発な質疑応答が行われ、普段はなかなか知ることのできない、安全保障理事会の現状が聞ける貴重な機会となりました。

挨拶する位田学長

挨拶する位田学長

講演する後藤 裕史氏

講演する後藤 裕史氏