平成28年3月28日(月)滋賀県公館において、滋賀大学と滋賀県との連携・協力に関する包括連携協定の調印式が執り行われました。

調印式には、本学から、佐和学長・横山理事、滋賀県からは、三日月知事、堺井総合政策部長、宇野企画調整課長が出席し、佐和学長と三日月知事が協定書を取り交わしました。

 これにより、本学と滋賀県は、これまで培ってきた、地方創生、産業振興、教育振興、環境保全、防災対策等に関する連携をさらに密なものとし、滋賀の活性化に向けた協働事業に取り組むものです。

 また、三日月知事は「滋賀大学が開設を予定しているデータサイエンス学部により、今後需要の高まりが想定される当該分野での最先端技術を有する人材が滋賀の地で大勢誕生することを期待するとともに、これまで培ってきた滋賀大学との連携をこの分野でもしっかりと活かしていきたい。特に、医療や保健、交通などはデータの蓄積が大きく、地域での学術的な活用にも取り組みたい。」とされ、ビッグデータを活用した地方創生について高い意欲を示されていました。

p1
p2

協定書に署名する佐和学長(左)と三日月知事(右)

協定書を取り交わす佐和学長と三日月知事

協定書を取り交わす佐和学長と三日月知事