2月7日(日)、「フレンドシップ・カップ・レシテーションコンテスト」(滋賀県高等学校英語教育研究部会主管、滋賀県教育委員会後援、滋賀大学教育学部英語教育・神経言語学研究室(大嶋秀樹研究室)、教育学部地域支援室連携支援)が、滋賀大学教育学部(大津キャンパス)を会場に開催されました。県内の高等学校から、B(初心者)部門、E(経験者)部門、英語によるポスター・プレゼン部門に、あわせて、143名の生徒が参加し、日頃の練習の成果を披露し、英語によるパフォーマンス力、表現力、コミュニケーション力を競いました。

 暗唱は、B部門、E部門とも各4会場で予選を実施し、各部門から各12名が決勝に進みました。決勝は300名ほどの、参加と応援の仲間たち、引率の先生方、ALTの先生方、それに保護者のみなさんで満席の大講義室で行われ、それぞれが、素晴らしい英語のコミュニケーション力、パフォーマンスと表現技術を発揮し、審判の先生方が迷うほど、レベルの高い英語による暗唱を披露しました。

開会式

開会式

参加者、応援の先生がた、保護者のみなさんp4

参加者、応援の先生、保護者のみなさん

決勝(B部門)

決勝(B部門)

決勝(E部門)

決勝(E部門)

 続いての、プレゼンテーション部門(英語プレゼン)(8会場)では学校の垣根を越えた交流が行われました。そして、表彰式、閉会行事を終え、互いの健闘をたたえ、1 年後の再会を期して、それぞれが練習を重ねることを誓い、参加者は会場をあとにしました。

英語プレゼンテーション部門1

英語プレゼンテーション部門1

英語プレゼンテーション部門2

英語プレゼンテーション部門2

初心者部門の入賞者のみなさん(表彰式)

初心者部門の入賞者のみなさん(表彰式)

経験者部門の入賞者のみなさん(表彰式)

経験者部門の入賞者のみなさん(表彰式)

きょうの思いをまた来年へつなげて

きょうの思いをまた来年へつなげて

先生手作りのバナーを背に

先生手作りのバナーを背に

 21 回を迎えた大会は、「フレンドシップ・カップ」の名にふさわしい、高校生らしいさわやかな交流の一日、湖国に春をつげる青春の1ページとなりました。 フレンドシップカップ・レシテーションコンテストは、滋賀大学教育学部英語教育・神経言語学研究室(大嶋秀樹研究室)・地域教育支援室の地域教育支援事業の一環として、本年度、教育学部(大津キャンパス)を会場に開催されました。

 来年、22 回を迎える本大会は、一年後にも、教育学部(大津キャンパス)を会場に、教育学部の地域教育支援事業として開催の運びとなっています。

 

(報告者:滋賀大学教育学部英語教育・神経言語学研究室 教授 大嶋秀樹)