10月13日(火)、本学大津サテライトプラザにおいて、平成27年度滋賀大学外部有識者会議を開催しました。

 本会議は、本学の将来構想と運営に関する当面の重要事項について、広く外部の意見を聴くことを目的としており、今年度は、「大学の組織運営改革と教員組織の再編制-教育組織と教員組織の分離をめぐって-」をテーマに、九州大学基幹教育院川島教授、金沢大学福森理事・副学長、和歌山大学池際理事・副学長を講師としてお招きしました。

 会議では、佐和学長の挨拶の後、本学の北村理事より「大学の組織運営改革と教員組織の再編制-滋賀大学の取組-」について説明があり、九州大学基幹教育院川島教授より「大学の組織分離をめぐる視点と展望」、金沢大学福森理事・副学長より「学域学類制の意義と将来展望-金沢大学における教員組織-教育組織分離の取組-」、和歌山大学池際理事・副学長より「和歌山大学の教員組織改革」と題して、教員組織改革の取組やその特徴についての講演があり、参加した教職員約50名は熱心に耳を傾けていました。

 講演が終了した後に、質疑応答及び意見交換が行われ、教育組織と教員組織の分離を実施するための重要事項と問題点を確認することができ、今後、本学で教員組織改革を検討するにあたり、大変有意義な会議となりました。

 

「大学の組織分離をめぐる視点と展望」について講演される川島教授

「大学の組織分離をめぐる視点と展望」について
講演される川島教授

講演される福森理事・副学長

「学域学類制の意義と将来展望」について
講演される福森理事・副学長

講演される池際理事・副学長

「和歌山大学の教員組織改革」について
講演される池際理事・副学長

会議の様子

会議の様子