7月29日(火)、学校法人創志学園 環太平洋大学 堀内 孜副学長を招き、教職大学院設置の意義と課題をテーマに研究会を教育学部にて開催しました。
 堀内副学長から、京都教育大学や兵庫教育大学において教職大学院の設置などに携わった経験をもとに、教職大学院設置に向けての人的条件やカリキュラム・コース設定、また、県教育委員会や県内の他大学との関係等について報告・助言をいただきました。
 その後、質疑応答、意見交換の時間が設けられ、実務家教員の確保や県教委との連携を築くための方策を具体的に質問するなど、有意義な研究会となりました。

研究会の様子

研究会の様子

講演する堀内環太平洋大学副学長

講演する堀内環太平洋大学副学長