※全科目とも、受講料は1科目当たり6,000円です。
※開講日は予定日となっておりますので、変更の可能性があります。
また、土曜日、日曜日、祝日に開講される場合もあります。

専門科目一覧

授業科目 担当教員 曜限 募集人員
発達臨床研究
~障がいのある子どもの発達的な理解と対応~
未定 月曜日3限 5名
応用歌唱法
~多言語・多ジャンルの歌唱作品に取り組み、解釈や表現につなげる~
渡邊 史 月曜日3限 5名
軽度発達障害児の心理と支援
~学習障害(LD)を中心とした発達障害児の特性理解と支援について~
窪田 知子 水曜日4限 5名
インクルージョン教育論
~障害のある子とない子が地域で共に学び、共に育つために~
窪田 知子 木曜日1限 5名
初等国語科内容学(書写を含む。)
~小学校国語科の指導に必要な国語学、書写・書道の基礎知識~
中村 史朗
松丸 真大
金曜日1限 5名
社会教育計画論I
~計画を立てるための基礎知識~
神部 純一 金曜日2限 5名
作・編曲法I
~日本語から考える「音楽を作る」ことへの営み~
若林 千春 金曜日3限 5名

専門科目

授業科目名 発達臨床研究
~障がいのある子どもの発達的な理解と対応~
担当教員 未定
開講日(授業日) 4/9,16,21,23,30,  5/7,14,21,28,
6/11,18,25,     7/2,9,16
※4/30,7/16祝日だが授業実施。
6/4はキャンパス休講日のため4/21に補講を実施。
曜限
時間
月曜日3限
12:50~14:20
授業の目的と概要 この授業では知的障害を中心とした発達障害の特徴について発達的視点から分析することを目的とする。そのため、発達に対する理解を丁寧に確認した上で発達障害について取り上げていく予定である。
教科書情報等
教科書・参考書:資料等は適宜配布する。
授業科目名 応用歌唱法
~多言語・多ジャンルの歌唱作品に取り組み、解釈や表現につなげる~
担当教員 渡邊 史/准教授
開講日(授業日) 4/9,16,21,23,30   5/7,14,21,28,
6/11,18,25,     7/2,9,16
※4/30,7/16祝日だが授業実施。
6/4はキャンパス休講日のため4/21に補講を実施。
曜限
時間
月曜日3限
12:50~14:20
授業の目的と概要 さまざまな「歌」に触れ、学び、体験する授業です。
「歌」は、その、用いられている言葉、時代、スタイル、ジャンルなどで、演奏するための取り組み方、コツが違ってきます。特に、言葉のもたらす影響はとても大きいもの。授業内では、多くの言語の詩を用いて生み出された歌曲作品を取り上げ、言葉の特徴がもたらす音楽の魅力に注目します。
また、授業の中では「筝曲」の演奏授業も行います。邦楽の体験機会を大切にしてください。
教科書情報等 教科書・参考書:履修課題は、その都度配布します。
ただし、一度配布したものの次週再配布いたしません。欠席した場合は、次の授業までに個別に担当教員にアクセスし、入手してください。
紛失への対応はいたしません。
資料等は専用のファイルをつくって綴じていかれることをお勧めします。
授業科目名 軽度発達障害児の心理と支援
~学習障害(LD)を中心とした発達障害児の特性理解と支援について~
担当教員 窪田 知子/准教授
開講日(授業日) 4/11,18,25,   5/2,9,16,19,23,30
6/13,20,27,    7/4,11,18
※6/6はキャンパス休講日のため5/19に補講を実施。
曜限
時間
水曜日4限
14:30~16:00
授業の目的と概要 今日の教育現場で重要な課題となっているLD、ADHD、自閉症スペクトラム障害を中心とした発達障害の特性と、その教育的支援のあり方について理解することを目的とする。講義内では、視聴覚教材や体験(ワーク)を通して、発達障害の子どもたちが学校生活の中で具体的にどのような困難さを経験しているかについて解説していく。
教科書情報等 教科書:教科書はとくに指定しない。本講義では毎回、レジュメを配布する
参考書:読む・書く・記憶するのが困難なLDの子どもたち。品川,裕香:岩崎書店,2003
読めなくても、書けなくても、勉強したい:ディスレクシアのオレなりの読み書き/井上智,井上賞子 著:ぶどう社,2012
跳びはねる思考:会話のできない自閉症の僕が考えていること/東田直樹 著:イースト・プレス,2014
家族5人違っているからおもしろい:発達障害一家、今日も元気に多動中/笹森史朗+ときどき奥さん 著:学研教育みらい,2012
ADHD・アスペ系ママへんちゃんのポジティブライフ:発達障害を個性に変えて/笹森理絵 著:明石書店,2009
障害を持つ息子へ:息子よ。そのままで、いい。/神戸金史 著:ブックマン社,2016もしかして私、大人の発達障害かもしれない!?/田中康雄 著:すばる舎,2011
授業科目名 インクルージョン教育論
~障害のある子とない子が地域で共に学び、共に育つために~
担当教員 窪田 知子/准教授
開講日(授業日) 4/12,19,26,    5/10,17,24,26,31,
6/14,21,28,    7/5,12,14,19
※7/14土曜日だが授業実施。
6/7キャンパス休講日のため5/26に補講を実施。
曜限
時間
木曜日1限
8:50~10:20
授業の目的と概要 国際的な障害児教育の動向に照らし、すべての子どもの学習権と発達権を保障するインクルーシブな教育とはどういうものか、その理念と実践について学ぶ。学校がよりインクルーシブになっていくために、今日の教育現場ではどのようなニーズおよび課題があるのかについて考える。視聴覚教材を活用し、具体的な子どもの姿や国内外の教育実践を見ながら、自らの考えを深める機会を用意する。
教科書情報等 教科書:教科書はとくに指定しない。本講義では毎回、レジュメを配布する
参考書:障害児教育学の現状・課題・将来/藤本文朗, 小川克正 共編,:培風館,2006
インクルーシブ教育入門 : すべての子どもの学習参加を保障する学校・地域づくり/荒川智 編著,:クリエイツかもがわ,2008
インクルーシブ授業をつくる : すべての子どもが豊かに学ぶ授業の方法/インクルーシブ授業研究会 編,:ミネルヴァ書房,2015
授業科目名 初等国語科内容学(書写を含む。)
~小学校国語科の指導に必要な国語学、書写・書道の基礎知識~
担当教員 中村 史朗/教授
松丸 真大/教授
開講日(授業日) 4/13,20,27,      5/11,18,25
6/1,15,22,29,30,    7/6,13,20,21,
※7/21土曜日だが授業実施。
6/8はキャンパス休講日のため6/30に補講を実施。
曜限
時間
金曜日1限
8:50~10:20
授業の目的と概要 話し言葉あるいは書き言葉としての日本語について、いくつかの問題を取り上げて講義し、国語(日本語)の指導のための基礎認識を涵養する。
漢字各書体の成立や日本語表記の定着について概観するとともに、今日の書写教育に関するいくつかの問題を取り上げ、実習をまじえて検討する。
教科書情報等 教科書・参考書:必要に応じてプリント資料を配付する。
授業科目名 社会教育計画論I
~計画を立てるための基礎知識~
担当教員 神部 純一/教授
開講日(授業日) 4/13,20,27,      5/11,18,25
6/1,15,22,29,30,    7/6,13,20,21,
※7/21土曜日だが授業実施。

6/8はキャンパス休講日のため6/30に補講を実施。
曜限
時間
金曜日2限
10:30~12:00
授業の目的と概要 市民一人ひとりが、人間的にも、社会的にも、また職業的にも発達を図るために生涯を通じて行う学習の過程が、生涯学習である。また、それを推進する理念を掲げて学習が可能となる条件を整備することが、生涯教育である。この授業では、生涯学習の意味と、その原理や意義について学び、これからの社会においての生涯学習の可能性と必要性について理解を深める。
教科書情報等 教科書・参考書:なし
参考書:なし
授業科目名 作・編曲法I
~日本語から考える「音楽を作る」ことへの営み~
担当教員 若林 千春/教授
開講日(授業日) 4/13,20,27,      5/11,18,25
6/1,15,22,29,30,    7/6,13,20,21,
※7/21土曜日だが授業実施。
6/8はキャンパス休講日のため6/30に補講を実施。
曜限
時間
金曜日3限
12:50~14:20
授業の目的と概要 作曲という行為は、簡単な一瞬の音のひらめきから、長大で複雑な楽曲の構造化まで、いろいろなひろがりを孕んでいます。どのようなレヴェルにあっても、学習体験を基盤とした音楽作りが可能ですし、それ以上にさまざまなスタイルでの創作が、学習の現場では求められています。自作を実際の「音」にして他者と分かち合う歓び、それに対する他者の声を反映させながら、より高い次元での創作の活動そして編曲活動をしてゆく楽しみを演習していきます。
教科書情報等 教科書:なし
参考書:なし