※全科目とも、受講料は1科目当たり6,000円です。
※開講日は予定日となっておりますので、変更の可能性があります。
また、土曜日、日曜日、祝日に開講される場合もあります。

教養科目一覧

授業科目 担当教員 曜限 募集人員
データサイエンスへの招待
~現代情報リテラシー~
周 暁康/講師 火曜日4限 5名
近江とびわ湖Ⅱ
~近江の歴史と文化を訪ねて~
筒井 正夫/教授 月曜日6限 5名
数学への招待
~ファイナンスのための確率入門~※遠隔講義 
菊池 健太郎/准教授 火曜日5限 5名
環境問題を学ぶ
~環境問題と諸相のサスティナビリティ~ 
中野 桂/教授
和田 佳之/准教授
松下 京平/准教授
木曜日2限 5名
欧米の文学
~英詩へのいざない~ 
笹尾 純治/准教授
金曜日5限 5名
現代社会と法
~国際組織論~
坂田 雅夫/准教授 金曜日7限 5名

*遠隔講義は、大津キャンパスでもリアルタイムで受講できます。

専門科目一覧

授業科目 担当教員 曜限 募集人員
社会経済史
~複眼の視点でみる古代から近現代に至る歴史像~
筒井 正夫/教授 木曜日2限 5名
古文書解読A2
~江戸時代の古文書を学ぶ~
青柳 周一/教授 金曜日3限 5名

教養科目

授業科目名 データサイエンスへの招待
~現代情報リテラシー~
担当教員 周 暁康/講師
開講日(授業日) 10/2,9,16,23,30,   11/6,13,20,27
12/4,11,18,       1/8,15,22
曜限
時間
火曜日4限
14:30~16:00
授業の目的と概要 この講義では、コンピューターサイエンスや統計学、ソフトウェア工学のインターフェースに位置する「データサイエンス」という科学分野に関する基本的な情報リテラシー能力の育成を目的とする。本授業を履修することにより、インターネット環境における情報倫理に関する基本的な知識を学習し、基礎的なデータ処理・情報検索能力を習得する。また、現代の高度情報社会に応じた初歩的な技術者養成に向け、各種ソフトウェアやツールの使用・利用方法を解説し、情報活用能力も高めてもらう。
教科書情報等 教科書と参考書は特に指定しない。
授業資料は必要に応じて配布する。
授業科目名 近江とびわ湖Ⅱ
~近江の歴史と文化を訪ねて~
担当教員 筒井 正夫/教授
開講日(授業日) 10/1,8,15,22,29,   11/5,12,19,26
12/3,10,17,       1/7,21,28
※10/8祝日だが授業実施。
曜限
時間
月曜日6限
17:45~19:15
授業の目的と概要 滋賀県は太古の昔より政治・文化の中心地に位置していたことから様々な貴重な史跡や文化財、建造物が存在する。本講義では、それらを取り上げながら滋賀県の歴史や文化の特徴を把握し、延いては日本という国柄の本質を理解することを目的とします。
教科書情報等 教科書は、必ず入手して毎回講義中に持参してください。
教科書:近江骨董紀行:城下町彦根から中山道・琵琶湖へ/筒井正夫 著,:新評論,2007
授業科目名 数学への招待
~ファイナンスのための確率入門~  *遠隔講義
担当教員 菊池 健太郎/准教授
開講日(授業日) 10/2,9,16,23,30,    11/6,13,20,27
12/4,11,18,        1/8,15,22,
曜限
時間
火曜日5限
16:10~17:40
授業の目的と概要 受講者が講義・演習を通じて、ファイナンスのための確率の基礎理論、基礎的計算方法、そのファイナンスへの応用を習得することを目的とする。
教科書情報等 担当講師作成の資料を配付する(SUCCESSにファイルを掲載)予定。
授業科目名 環境問題を学ぶ
~環境問題と諸相のサスティナビリティ~
担当教員 中野 桂/教授
和田 佳之/准教授
松下 京平/准教授
開講日(授業日) 10/4,11,18,25,    11/1,8,15,22,29
12/6,13,20,       1/10,17,24
曜限
時間
木曜日2限
10:30~12:00
授業の目的と概要 本講義では、「経済と環境問題」や「環境の経済評価」などのテーマをもとに、環境問題について様々な観点から検討します。講義は3名の教員によるリレー講義形式で行われます。様々な観点から、総合的に環境を捉える力を養成します。「滋賀大学で環境を学ぶ」も受講されることをお薦めします。
教科書情報等 特に指定しないが、各担当者の初回講義で参考文献等を指示する。
授業科目名 欧米の文学
~英詩へのいざない~
担当教員 笹尾 純治/准教授
開講日(授業日) 10/5,12,19,26,27,   11/2,9,16,23,30
12/7,14,21,         1/11,25
※10/27土曜日,11/23祝日だが授業実施。
曜限
時間
金曜日5限
16:10~17:40
授業の目的と概要 英詩(英国の詩/英語の詩)の基本的な構造を知ってもらい、英詩のテクストを読むことを通じて、英詩、さらには「詩」というものについての理解力を培ってもらいます。授業では、最初の2・3回で英詩を読む際に知っておくべき形式上の基本的な構造を解説し、そのあとは、さまざまな時代・詩人・内容の比較的短い詩を毎回1-2篇ずつ読んでゆきます。特に体系的な授業を意図しているわけではなく、さまざまな英詩に触れることを第一とします。
教科書情報等 イギリス名詩選/平井正穂:岩波書店,1990.2
教科書情報(補足):教材として『イギリス名詩選』(岩波文庫)とプリントを併用します。
授業科目名 現代社会と法
~国際組織論~
担当教員 坂田 雅夫/准教授
開講日(授業日) 10/5,12,19,26,27,   11/2,9,16,23,30
12/7,14,21,        1/11,25
※10/27土曜日,11/23祝日だが授業実施。
曜限
時間
金曜日7限
19:20~20:50
授業の目的と概要 本講義の目的は国際機構の活動を理解し、国際ニュースが我々の日常生活にどのように係わっているのかについて考えることにある。そのため講義では、安全・経済・人権を中心として具体的な国際機構を取り上げ、その活動を説明する。この講義は「国際法」の講義の基礎編に位置している。「国際法」の講義を既に受講済みの場合、この講義をとる必要性はない。
教科書情報等 初回授業で参考文献表を配布する。
参考書/: 新国際機構論/横田洋三 編著,:国際書院,2006
授業科目名 社会経済史
~複眼の視点でみる古代から近現代に至る歴史像~
担当教員 筒井 正夫/教授
開講日(授業日) 10/4,11,18,25,    11/1,8,15,22,29
12/6,13,20,       1/10,17,24
曜限
時間
木曜日2限
10:30~12:00
授業の目的と概要 本授業の目的は、古代から近現代に至る社会経済の歴史的展開過程を、グローバルな視点から段階的かつ構造的に明らかにすることである。主要なテーマは、1.前近代社会、2.近代社会形成論、3.日本近代社会の構造と段階、4.近世ー近現代日本の国際関係である。
いまひとつ重要な今授業の目的は、上記の課題を複数の対立する学説の論争史として明らかにすることによって、異なった歴史観やものの見方について批判的に学び、多様な社会観・歴史観を身につけ、また新たな問題を発見できる「眼」を養うことである。そのことによって国難ともいえる危機の時代に独立自存の精神で生き抜いてゆける歴史認識を養う。
教科書情報等 本稿儀は教科書を使用しない。参考文献については講義中に適宜指示します。
授業科目名 古文書解読A2
~江戸時代の古文書を学ぶ~
担当教員 青柳 周一/教授
開講日(授業日) 10/5,12,19,26,27,   11/2,9,16,23,30
12/7,14,21,        1/11,25
※10/27土曜日,11/23祝日だが授業実施。
曜限
時間
金曜日3限
12:50~14:20
授業の目的と概要 春学期に古文書解読A1を受講して、くずし字を読みこなすための初歩的な能力が身に付いた者を対象に、さらなる読解力の向上を目的として開講する。あわせて、附属史料館に収蔵されている古文書に直に触れながら、古文書に関する一定度専門的な知識を習得することも目指す。受講者にはそれぞれ担当する古文書を割り振って読解を行った後に、その古文書にはどのような内容のことが書かれていたのかをディスカッションする形式での授業を予定している。授業の予習・復習は必須である。
教科書情報等 『くずし字解読辞典 普及版』は必ず購入すること。『角川新判日本史辞典』は購入が望ましい。
参考書:くずし字解読辞典/児玉幸多編,:東京堂出版,1993-02
角川新判日本史辞典/朝尾直弘他:角川書店,1996(初版)