教員の学会等での受賞・表彰の情報を掲載しています。

平成29年10月19日 教育学研究科 藤岡達也教授が、「科研費」審査委員として表彰されました。 詳細
平成29年7月15日 経済学部 筒井正夫教授が「企業家研究フォーラム賞」(著書の部)を受賞しました。 詳細
平成29年7月14日 経済学部 金秉基教授が、Greater Mekong Subregion International Conference (GMSIC) 2017において「ベストアワード」を受賞しました。 詳細
平成29年6月24日 経済学部 岡本哲弥教授が商品開発・管理学会で優秀論文賞を受賞しました。 詳細
平成29年6月9日 経済学部 道上静香教授が日本テニス協会「優秀指導者賞」を受賞しました。 詳細
平成29年4月19日 経済学部 道上静香教授に日本テニス協会から感謝楯が贈呈されました。 詳細
平成29年4月19日 教育学部 加納圭准教授が平成29年度文部科学大臣表彰の科学技術賞を受賞しました。 詳細
平成28年12月6日 宮本憲一先生(本学元学長)が日本学士院賞を受賞しました。 詳細
平成28年11月8日 社会連携研究センター長の神部純一教授が、教育や学術、文化に貢献した個人・団体をたたえる2016年度の京都市教育功労者として表彰されました。 詳細
平成28年9月29日 教育学部 大平雅子准教授が第二十五回日本睡眠環境学会学術大会にて「優秀発表賞」を受賞しました。 詳細
平成28年9月17日 教育学部 大平雅子准教授が生体医工学シンポジウム2016でベストリサーチアワードを受賞しました。 詳細
平成28年2月6日 彦根市体育協会表彰・ひこねスポーツ賞表彰式において、経済学部の道上静香教授が「ひこねスポーツ賞」を受賞しました。 詳細
平成26年9月29日 経済学部 衣笠陽子准教授が日本原価計算研究学会において学会賞を受賞しました。 詳細
平成26年4月30日 教育学部 加納圭准教授が平成26年度文部科学大臣表彰を受賞しました。 詳細
平成25年11月15日 教育学部 川口広美講師が第62回全国社会科教育学会にて「研究奨励賞」を受賞しました。 詳細
平成25年9月24日 教育学部 大平雅子講師が第60回近畿学校保健学会にて「学会賞」を受賞しました。 詳細
平成25年9月20日 教育学部 大平雅子講師が生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2013にて「若手プレゼンテーション賞」を受賞しました。 詳細
平成25年9月2日 経済学部 道上静香教授が2度目の文部科学大臣表彰を受賞しました。 詳細
平成25年4月26日 経済学部の衣笠陽子講師が日本管理会計学会奨励賞を受賞しました。 詳細
平成24年12月18日 佐和隆光学長が、平成24年度(第56回)交通文化賞を受賞しました。 詳細
平成24年11月30日 教育学部の中村史朗教授が、第44回日展の第五科「書」部門に「杜甫詩」を出品し特選を受賞しました。 詳細
平成24年10月20日 教育学部岩上はる子教授が『F.V. ディキンズ書簡英文翻刻・邦訳集』により、日本英学史学会から奨励賞を授与されました。 詳細
平成24年3月30日 経済学部道上静香教員が文部科学大臣表彰を受賞しました。 詳細
平成23年12月27日 滋賀大学環境総合研究センター中村正久特任教授が、京都新聞大賞の文化学術賞を受賞しました。 詳細
平成23年4月1日 経済学部三神憲一教授が関西ラグビーフットボール協会から、功労賞を受賞されました。 詳細
平成22年11月10日 教育学部附属中学校の澤田一彦教諭、保木康宏教諭、北村俊教諭、教育学部の松原伸一教授が、「日本情報科教育学会第3回全国大会」において発表した論文で「優秀実践賞」を受賞しました。 詳細
平成22年9月28日 酒井泰弘特任教授(滋賀大学名誉教授・リスク研究センター国際顧問メンバー)が、リスク研究センター研究叢書第2号『リスクの経済思想』(ミネルヴァ書房)で平成22年度 日本地域学会 学会賞(著作賞)を受賞することになりました。 詳細
平成22年6月22日 2010年度組織学会50周年記念研究発表大会において、経済学部の服部泰宏講師の単独論文「日本企業における心理的契約の探索的研究:契約内容と履行状況、企業への信頼に対する影響」(『組織科学Vol.42, No.2, 2008』)が第26回組織学会高宮賞を受賞しました。 詳細
平成22年3月25日 ベトナム教育訓練省(日本の文部科学省に相当)から教育事業功労に対する記念章が、教育学部黒田 学准教授および藤本文朗名誉教授に授与されました。 詳細
平成19年11月28日 経済学部の大川良文准教授の論文「On R&D Internationalization Decisions in Developing Countries:Theoretical Frameworks(途上国におけるR&D活動の国際化の決定:理論的枠組み)」が国際学会第10回International Conference on Society for Global Business&Economic Development(SGBDE)でBest Paper Award(最優秀論文賞)を受賞しました。 詳細
平成17年11月28日 教育学部の小笠原好彦教授が平成17年度京都新聞大賞文化学術賞を授与されました。同賞は、文化・学術の分野でめざましい業績を挙げた京都府又は滋賀県に在住する個人又は団体に贈られるものです。