鉄ちゃんの聖地があります

(公社)びわこビジターズビューロー

 JR北陸本線長浜駅から歩いて5分ほどの場所に保存されている旧長浜駅。明治15年(1882)に北陸線始発駅として完成した建物は現存する最古の駅舎で、昭和33年には日本初の鉄道記念物に指定されています。英国人技師が設計した建物は石灰コンクリート造りの2階建て。当時は長浜‐大津間を運航する気船との乗り継ぎ駅でもあったことから、琵琶湖に面して建っていました。現在の場所に移築されてからは旧長浜駅舎鉄道資料館として一般公開され、暖炉があるハイカラな設えの駅長室や待合室、鹿鳴館調の回り階段などから当時の様子が伺えます。

 旧長浜駅に併設して、平成12年10月14日の鉄道の日に長浜鉄道文化館が、平成15年には北陸線電化記念館がオープン。3つの建物は総称して長浜鉄道スクエアとよばれ、D51蒸気機関車やED70電気機関車、国鉄時代の貴重な品々を目当てに多くの鉄道ファンが訪れています。