人口が増え続けています

(公社)びわこビジターズビューロー

 人口増減率とは、国勢調査を基にした人口の増減傾向を示すデータで、数字が高いことは人口の増加傾向を意味します。平成22年10月から平成23年9月の人口増減率は滋賀が0.19%で全国3位。全国平均はマイナス0.20%で、1位の沖縄県0.59%、2位の東京都0.28%に次いで高い率です。(平成23年人口推移年報/総務省)

 滋賀の人口が増加し続ける背景には、暮らしやすさがあります。自然に恵まれ、子育て環境に優れていることから、少子化の時代でも小学生児童数が全国2位(2008年統計)。人口10万人あたりの大型小売店数が16.73店で全国1位(統計でみる都道府県のすがた2012/総務省)と、買物の利便性もよく、映画館や有名ブランドが入った大型ショッピングモールも充実しています。また、大阪、京都への交通アクセスがよいため、そのベッドタウンとしても選ばれています。平成23年には県が「住み心地日本一の滋賀プラン」を策定。県をあげて、“住みやすい滋賀”を目指しています。