おもしろいデータを紹介することから始めましょう。大学生の1週間の学修時間(授業を除く)を日米比較したデータです。

0時間日本9.7%米国0.3%
1~5時間日本57.1%米国15.3%
6~10時間日本18.4%米国26.0%
11時間以上日本14.8%米国58.4%

 両国の大学生の学修時間には雲泥の差があるではありませんか。まず日本の大学生の10人に1人がまったく勉強しないという事実に驚かされます。次いでアメリカの大学生の10人に6人が11時間以上も勉強することにも驚かされます。日米の大学生の学修時間にこんな大差があるのはなぜでしょうか。次の二つの理由が挙げられます。

 第一に、日本の小中高校での教育が知識の詰め込みをモットーとしており、大学入試が知識の多少を競わせるのに対し、アメリカの小中高校では徹底した「ゆとり教育」がモットーとされており、大学入試の合・不合は、SAT(日本のセンター試験に該当)、高校の成績、担任の先生の推薦状、課外活動歴、出身州、性別、人種に基づいて判定されます。男女、出身州、人種などが片寄らないよう、多様性を保つよう新入生が選抜されるのです。自分の意見を説得力をもって人前で語る(プレゼンテーションの)訓練、討論(ディベート)の訓練、自然と親しむ機会をもつための1週間のキャンプ、3日かけての美術館や博物館の見学等々。アメリカの「ゆとり教育」はこんな具合なのです。

 日本の中学卒程度の学力しかない大学新入生に対し、徹底した知識の詰め込みをやるのが大学の役割なのです。だからこそ、アメリカの大学生は猛烈に勉強するのです。大学に学部はありません。主専攻と副専攻を決めて(変更は自由自在)、将来の職業に直結する大学院の入試へ向けて、懸命に勉強するのがアメリカの大学生なのです。

 第二に、人文・社会系の科目なら、厳しいリーディング・アサインメント――1週間後までに、教科書50ページを読んでくるようにといったたぐいの宿題――が課せられます。理科系の科目なら、度々のショートテストに備えての予復習が欠かせません。与えられた課題をこなすには、1日に少なくとも2時間の学修が欠かせません。学期中の週日に、アルバイトをしたりアメフトやバスケの対校試合をしたりといった話は、寡聞にしてか私は聞いたことがありません。

 日本の大学生ほど不勉強な大学生は、世界中どこにもいないといって差し支えありません。大学在学中の4年間、有意義な学修をなさることを新入生諸君にお勧めします。4年間の学修が得がたい宝物であることを、大学を卒業して日を経るごとに思い知るはずです。「後悔先に立たず」なのですから。