昨日、文部科学省より、来年4月をもって滋賀大学に日本で初めてとなる「大学院データサイエンス研究科修士課程」の設置を可とする旨の通知がありました。

  本学では、Society5.0、Industry4.0を推進する我が国の新しい進化を生み出すデータサイエンス分野の専門家を育成するため、いち早く平成28(2016)年度にデータサイエンス教育研究センター、さらに翌29(2017)年度には我が国初のデータサイエンス学部を開設して、この分野の国内最高水準の教育研究拠点を形成し、理論を基礎から身に着け、かつ現実の様々な分野のデータの処理・分析のスキルを習得した人材の育成を始めました。とりわけ企業・自治体等との連携を進め、現実のデータを教材として提供を受け、また企業等内人材のスキルアップにも貢献しています。

 しかし、データサイエンスのすそ野を広げると同時に、さらに高度なスキルと能力を持つ専門人材がいなければ我が国の発展は永続的に確保できません。滋賀大学では、我が国データサイエンティスト育成の中心軸として、学部レベルであっても独り立ちレベルの人材育成を目指していますが、さらに高次な独り立ちレベル、チームを率いる棟梁レベル、そして世界をリードする業界リーダーレベルのデータサイエンティストを養成する責任と覚悟があります。来年4月に開設する大学院データサイエンス研究科修士課程は、データ処理のスキルと複数分野の領域知識をもち、方法論とデータをつなぎ新たな価値創造のできる、一気通貫型の高次の人材を育成します。

 今回の研究科は、学部完成前に2年前倒しで創るものです。それは、高度なデータサイエンティストの育成が緊急課題であり、特に極めて旺盛な企業内人材の高度化ニーズを痛感しての決断です。なお日本初のデータサイエンス研究科として、他大学からの意欲的な進学者も歓迎します。

 データサイエンスは既存の学問と較べ、特に理論と実際の相互作用が深い分野です。大学でデータサイエンスの教育研究にあたる者が企業での経験を持ち、また企業でデータ専門家として活躍する者が大学で教育研究の経験を持つ互換的な人材交流は不可欠です。こうした教育研究と実務を兼ね備えた高度人材は深刻なまでに不足しており、滋賀大学ではさらに博士課程も前倒しで開設するべく準備中です。

 滋賀大学は、我が国のビッグ・データ時代を牽引するべくDIVE TO THE FUTUREの意気込みで、数理・コンピュータに統計技術を掛け合わせて、現実社会から新たな価値創造を実現する高次なデータサイエンティストの本格的な育成に乗り出します。私たちは、データサイエンスの教育研究及び企業等との連携を通じ、夢のある、活力に満ちた日本と世界の実現に貢献してまいります。

 皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

  平成30年8月29日

国立大学法人 滋賀大学学長
  位 田 隆 一