日 時  平成17年7月12日(火)13時30分~16時00分
場 所  本部管理棟中会議室
出席者  成瀬、井深、北村、川嶋、阿知羅、秋山、吉川、近藤、福田、梅澤、大和田各評議員
列席者  斉藤理事、宮崎監事

審議事項

  1. ベトナム・ハノイ教育大学との学生交流協定について
    井深理事から、ベトナム・ハノイ教育大学との学生交流協定案について説明があり、審議の結果、承認された。
  2. メキシコ・グアナファト大学との学生交流協定について
    井深理事から、メキシコ・グアナファト大学との学生交流協定案について説明があり、審議の結果、一部修正の上承認された。

報告事項

  1. 滋賀大学国際センター(仮称)構想骨子について
    井深理事から、滋賀大学国際センター(仮称)構想骨子について報告があった。  なお、学長から、国際センター開設に向けては、意見を伺いながら更に検討を加えていく旨の発言があった。
  2. 社団法人国立大学協会第4回通常総会(6月16日)及び国立大学法人学長・大学共同利用機関法人機構長等会議(6月17日)について
    学長から、6月16日(木)に開催された社団法人国立大学協会第4回通常総会の概要について報告があった。
    続いて、学長から、6月17日(金)に開催された国立大学法人学長・大学共同利用機関法人機構長等会議の概要について報告があった。
  3. 平成16事業年度決算に係る財務諸表等の提出について
    財務課長から、平成16事業年度決算に係る財務諸表、附属明細書、監査報告書、決算報告書、事業報告書について報告があった。
  4. 平成18年度概算要求事項について
    財務課長から、平成18年度概算要求事項について報告があり、7月13日(水)に文部科学省においてヒアリングが行われる旨の発言があった。
  5. 国立大学法人12大学大学院社会人転入学における入学検定料、入学料の免除に関する取扱いについて
    北村理事から、国立大学法人12大学大学院社会人転入学における入学検定料、入学料の免除に関する取扱いについて、本学も免除する方向で検討する旨の報告があり、本年11月開催予定の国立大学法人12大学経済学部・経営学部長及び事務長会議で合意されれば、規程の改正を行う予定である旨の発言があった。
  6. 第52回国立大学図書館協会総会(6月30日)について
    北村理事から、6月30日(木)に開催された第52回国立大学図書館協会総会の概要について報告があった。
  7. 第80回近畿地区国立大学法人学生関係副学長・部課長会議(7月1日)について
    北村理事から、7月1日(金)に開催された第80回近畿地区国立大学法人学生関係副学長・部課長会議の概要について報告があった。
  8. 科学研究費補助金に関する学内説明会について
    北村理事から、平成17年度科学研究費補助金に関する学内説明会について、9月15日(木)に日本学術振興会研究事業部研究助成課長 長澤公洋氏を講師に招き、講演を予定している旨の報告があり、多数参加願いたい旨の依頼があった。
  9. 平成17年度教員養成GP、平成17年度大学教育の国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)及び(海外先進教育実践支援)の申請並びに平成17年度特色GP及び現代GPの申請結果について
    北村理事から、平成17年度「大学・大学院における教員養成推進プログラム」、平成17年度大学教育の国際化推進プログラム(戦略的国際連携支援)及び(海外先進教育実践支援)の申請について報告があった。
    続いて、同理事から平成17年度「特色ある大学教育支援プログラム」及び平成17年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」の申請結果について報告があった。
  10. その他
    1)学長から、6月24日(金)に滋賀医科大学長との懇談会を行った旨の報告があった。
    2)学長から、8月10日(水)から8月20日(土)までハノイ教育大学、チェンマイ大学及びチェンマイラジャパット大学を訪問する予定であり、訪問期間中の学長代理を井深副学長に依頼する旨の発言があった。
    3)学長から、平成17年度学長裁量経費について、学部、センター等で重要な研究プロジェクトがある場合は、部局長から推薦願いたい旨の発言があった。
    4)評議員から、人件費管理及び定員削減の検討状況について、教育研究評議会に中間報告願いたい旨の発言があった。

以 上