日 時  平成17年3月8日(火)13時30分~16時20分
場 所  本部管理棟中会議室
出席者  成瀬、井深、北村、小西、川嶋、阿知羅、秋山、吉川、近藤、福田、梅澤、大和田各評議員
列席者  斉藤、吉野各理事、宮崎監事

審議事項

  1. 平成17年度計画について
    井深理事から、目標計画・評価委員会で諮られた平成17年度計画案について説明があり、審議の結果、一部文言を修正の上承認され、次回経営協議会及び役員会に諮ることとなった。
  2. 国立大学法人滋賀大学教育学部規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、学部改革による系・コース制への変更に伴う国立大学法人滋賀大学教育学部規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、承認され、平成17年4月1日付けをもって施行することとなった。
  3. 国立大学法人滋賀大学大学院経済学研究科規程の一部改正について
    総務課課長補佐及び経済学部長から、カリキュラム改正に伴う国立大学法人滋賀大学大学院経済学研究科規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、承認され、平成17年4月1日付けをもって施行することとなった。
  4. 国立大学法人滋賀大学専攻科履修規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、教育学部規程改正による授業科目整備に伴う国立大学法人滋賀大学専攻科履修規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、承認され、平成17年4月1日付けをもって施行することとなった。
  5. 国立大学法人滋賀大学環境総合研究センター規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、副センター長を1人から2人以内に変更することに伴う国立大学法人滋賀大学環境総合研究センター規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、承認され、本日付けをもって施行することとなった。
  6. 国立大学法人滋賀大学環境総合研究センター長、副センター長及び専任教員選考規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、副センター長を1人から2人以内に変更することに伴う国立大学法人滋賀大学環境総合研究センター長、副センター長及び専任教員選考規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、承認され、本日付けをもって施行することとなった。
  7. 国立大学法人滋賀大学学習アシスタント実施要項について
    北村理事及び経済学部長から、国立大学法人滋賀大学学習アシスタント実施要項案の提案の経緯、経済学部の実績報告及び説明に引き続き、総務課課長補佐から、同案について説明があり、審議の結果、同案の第5「1週間あたり30時間」の文中、下線部を「1週間あたり15時間」と修正の上で承認され、平成17年4月1日付けをもって施行することとなった。
  8. 国立大学法人滋賀大学生涯学習教育研究センター長の選考について
    学長から、生涯学習教育研究センター管理委員会において、現センター長の辞任に伴う後任として、教育学部 住岡英毅教授が選出され、候補者として推薦があったこと、任期は平成17年4月1日から平成18年3月31日の1年間(残任期間)である旨の説明があり、審議の結果、承認された。
  9. 国立大学法人滋賀大学産業共同研究センター副センター長の選考について
    学長から、産業共同研究センター管理委員会において、任期満了に伴う同センター副センター長の後任として、教育学部 千葉訓司教授が選出され、候補者として推薦があったことについて説明があり、審議の結果、承認された。
  10. 滋賀大学名誉教授候補者の選考について
    学長から、滋賀大学名誉教授称号授与規程第2条第1項に基づく名誉教授候補者として、3月31日付けで退職予定の教育学部 大野充彦教授、寺横武男教授、村本孝夫教授及び経済学部 吉田 稔教授について各学部教授会を経て推薦があった旨の報告の後、教育学部長及び経済学部長から推薦理由等について説明があり、審議の結果、承認され、平成17年4月1日付けで名誉教授の称号を授与することとなった。
  11. 高大連携について
    北村理事から、本学教育学部と滋賀県教育委員会が締結していた連携協力に関する協定を、本学と滋賀県教育委員会が締結することについて説明があり、審議の結果、承認され、3月18日(金)に協定を締結することとなった。
  12. 教育研究評議会議事要旨の公開について
    学長から、教育研究評議会議事要旨を作成し公開することについて、説明があり、審議の結果、議事録と併せて確認の後、ホームページに掲載することとなった。

報告事項

  1. 国立大学協会総会について
    学長から、3月4日に開催された国立大学協会第3回総会の内容について報告があった。
  2. 国立大学法人滋賀大学教育学部教授会規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、理事が附属図書館長を兼務することにより副館長2人を配置することに伴う国立大学法人滋賀大学教育学部教授会規程の一部改正案について報告があった。
  3. 国立大学法人滋賀大学経済学部教授会規程の一部改正について
    総務課課長補佐から、理事が附属図書館長を兼務することにより副館長2人を配置することに伴う国立大学法人滋賀大学経済学部教授会規程の一部改正案について報告があった。
  4. 次期地域連携センター長について
    吉野理事から、3月3日開催の地域連携センター運営委員会で次期センター長候補者として産業共同研究センター山崎一眞教授が推薦され、学長に報告された旨の報告があった。
  5. 管理職手当について
    井深理事から、学術研究・教学担当理事が図書館長を兼務することにより配置する副館長に4.5%、本年4月より環境総合研究センター長及び教育学部附属教育実践総合センター長に5%の管理職手当を支給すること、ただし、経過措置として同教育実践総合センター長の手当は2006年3月末まで10%とする旨の報告があった。
  6. 職員表彰について
    学長から、本学規程による職員表彰について、資料のとおり決定し、3月14日に表彰式を行うこと、及び効率化・減量化推進の標語に係る表彰についても、同日併せて行う旨の報告があった。
  7. 入学式後のオリエンテーションについて
    北村理事から、平成17年度滋賀大学入学式後の新入生オリエンテーションについて報告があった。
  8. 教員人件費の管理に関する検討WGの設置について
    斉藤理事から、教員人件費の管理について全学的かつ総合的に検討するため、教員人件費の管理に関する検討WGの設置について報告があった。

以 上