日 時  平成16年10月12日(火)13時30分~15時35分
場 所  本部管理棟中会議室
出席者  成瀬学長、井深、北村、小西、川嶋、阿知羅、石上、秋山、吉川、福田、梅澤、大和田各評議員
列席者  斉藤、吉野各理事、宮崎監事

審議事項

  1. 国立大学法人滋賀大学経済学部規程の一部改正について
    総務課長から、国立大学法人滋賀大学経済学部規程の一部改正案について説明があり、審議の結果、了承され、本日10月12日付けをもって施行することとなった。
  2. 国立大学法人滋賀大学学習アシスタント実施要項について
    前回評議会で審議された学習アシスタント実施要項案は、検討の経緯等の説明が不足していたこと、要項制定にかかる付議の範囲が明確でなかったため、北村理事から再度説明があったが、前回審議結果のとおり、経済学部の実施結果の報告を受けた上で再度審議することとなった。
  3. 教員人事の基本方針について
    井深理事からの継続審議である教員人事の基本方針案として、全学人事を導入することについて、再度説明があった。また、学部教員削減数については、役員会として大学全体の財政見通しを進めている段階であるが、削減は不可避であり、今後の財政の見通しを見極めた上で明示することの説明があり、審議の結果、一部修正のうえ、「人数は当面(平成16・17年度)2名とし、各学部より1名のポストを拠出する」とすることで規程案と併せて、了承された。
    なお、学長から、「中期目標・計画の期間中にさらに2名のポストを両学部より拠出する」件については後日検討すること、及び教員定員削減は不可避であることを大学構成員が認識する必要があること、今後、法人化後における本学の人事計画・採用体系等を示したい旨の発言があった。

報告事項

  1. 夏季における一斉閉庁制度(仮称)の検討WGの設置について
    井深理事から、夏季における一斉閉庁制度(仮称)の検討WGの設置について報告があり、続いて北村理事から、このことに関連して学年暦について、説明があり承認された。
  2. 平成16年度永年勤続者表彰式の実施について
    総務課長から、平成16年度永年勤続者表彰式の実施について報告があった。

以 上