日 時  平成16年5月17日(月)10時00分~11時30分
場 所  本部管理棟中会議室
出席者  宮本学長、小栗、住岡、轟木、吉野各理事
列席者  宮崎、戸田各監事

審議事項

  1. 中期計画について
    小栗理事から、中期目標原案・中期計画案については5月11日開催の国立大学法人評価委員会で了承され、中期目標が財務省に協議されていること等、文部科学省から今後のスケジュール等について通知があった旨報告があり、今後提示される中期目標について修正がなかった場合には、4月2日開催の当役員会において審議了承された国立大学法人滋賀大学中期計画案を文部科学省へ正式に認可申請したい旨の説明があり、審議の結果、承認された。

報告事項

  1. 環びわ湖大学連携事業について
    吉野理事から、平成16年度環びわ湖大学連携事業計画について幹事校が滋賀県立大学であること、本学の負担金は年額10万円であること等の説明があった。
  2. その他
    1)轟木理事から、会計監査における必要資料等、新日本監査法人からの依頼内容について報告があった。
    2)学長から、以下の報告があった。
    (1)東北財経大学にリスク研究センターを母体とした本学の事務所を、本学に東北財経大学の事務所を設置することについて協議したいこと。
    (2)産官学連携について地元の経済界と本学役員会との懇談会を企画してほしいこと。
    (3)教育研究特別経費の要求にあたっては、科学技術会議の政策である循環型社会、地域再生等の重点事項を見据えて取組んでほしいこと。
    (4)滋賀医科大学学長との懇談会にあたり、4大学もしくは滋賀医科大学との再編・統合についての基本方針を5月31日の役員会で検討する旨の発言があった。
    (5)小栗理事から5月19~22日啓明大学(韓国)に出張する旨の報告があった。

以 上

平成16年度 役員会議事要旨